アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

SEM関連

成約を取りやすくするためのオーソドックスな3つの視点

情報更新日:2018/02/22

株式会社ザンワーズ 代表取締役

太田 有哉 (オオタ ユウヤ)

■商売の基本構造はとてもシンプル

全ての人は、よりポジティブな方向へ動こうとします。理想があり、現実があり、その間のギャップを埋めようと生きています。ほとんどの人がこの図式に当てはまります。それに伴って、世の中の全ての商品やサービスは、誰かの悩みを解決したり、誰かの欲求を満たすために用意されています。

「アフィリエイトで稼ぐ」ことを考えたとたんに、話を複雑に考えてしまうかたが多いように感じています。今日はシンプルに考える試みとしたいと思います。

■成約を取りやすくするためのオーソドックスな3つの視点

・悩みを抱えている人に、適切なタイミングで提示すると申込みして頂けます
・欲求を満たしたい人に、適切な価格で提示すると購入して頂けます
・一般的な認知度の高いモノほど安心感があるため成約を取りやすいです

成約を取るということはそこまで難しいことではありません。

・「適切なタイミング」とは「いつ」なのか
・「適切な価格」とは「いくら」なのか
・「認知度」とは何か

話をもう少し掘り下げてみましょう。

■適切なタイミングはいつか

検索エンジンを使って、自らの意思で検索しているユーザー達にとっては、すでに適切なタイミングである可能性が高いです。厳密に言えば、検索しているキーワードによって、成約から近いタイミングのユーザーなのか、成約から遠いタイミングのユーザーなのかは分かれます。購入意欲の高そうなかたが検索するであろうキーワードで集客ができれば成約を取りやすくなります。

例えば、

「格安スマホ 料金」

という検索キーワードで検索する人は、格安スマホに申し込む寸前であると想像できます。
こういう人はすでに「適切なタイミング」を迎えています。あとは、あなたのサイトで、格安スマホの料金を親切かつ丁寧に解説してあげて、いくつかの選択肢を提示すれば成約が取れる可能性が高いです。

わかりやすい例えとして「格安スマホ 料金」を出しましたが、検索キーワードとして、SEO対策で検索上位になるには非常に難易度の高いキーワードであるため、実際にこれから取り組まれるかたは、もっと難易度を落として、ライバルが少なくて、購入意欲の高いかたが検索しているキーワードで検索上位を目指すと良いでしょう。

■適切な価格はいくらか

あなたの見解として、適正価格に関する考え方を記載し、それに対する理由を公開することは、サイトのオリジナリティを高めるという意味で良いコンテンツになり得ます。

また適正価格に関する考え方を読んで、新しい学びを得て助かったというユーザーも少なからずいるでしょうから、そういう意味でも良いコンテンツと言えるでしょう。

考えを深める思考という行為は時間も労力も必要です。場合によっては情報収集もしなくてはなりません。それらを「代行」してあげるのが、私たちの仕事と言えます。

もう少し補足しておくと、私たちは「適切な価格がいくらか」ということについて考察をして、価格が高いとか低いとか意見を書くことがあったとしても、最終的にいくらが「適正価格なのか」について考えて判断をするのはユーザーです。私たちはユーザーのお財布事情を知りませんし、経済的な感覚も知り得ません。

代金を支払うことによって得られる効果や機能が、「代金を支払うに十分値しそうだ」という判断をしてもらえるかどうか。そこが見合っていると感じられる価格が「適正価格」です。人によって何に価値を見出すかの価値観と金銭感覚は異なりますから、あなた一人の感覚をユーザーに押し付けないように十分な配慮が必要です。

■認知度とは何か

ひらたく考えると、どれくらい知られているか、を示すのが「認知度」です。知名度とも言えるでしょう。知られているだけでなく、それが一体どういう商品なのかまで含めて認知されている状態だからこそ、知名度と分けて認知度と言われます。

知名度が高い会社:
ミラバケッソ(未来に化ける新素材)のクラレさんは知っているけど、何をしているか知らない。

認知度の高い会社:
TOYOTAは知っている。車を売っている。
認知度の高い商品やサービスは、認知度の低い商品やサービスに対して、成約が取りやすい状態にあります。

話をわかりやすくするために、極端な例え話をします。

「太田商店」の新商品として、私が車の販売を始めたとします。
隣ではTOYOTAの店舗が以前から車を販売しています。
みなさんは、どちらで車を買われますか。

答えは明白でしょう。

太田商店って何!?聞いたことがない!不安しかない!怖い!

TOYOTA!世界のTOYOTA!安全なTOYOTA!安心!

ということです。

■今日のまとめ

適切なタイミングを迎えていないユーザーに提案すると興味を持ってもらえません。適正価格をどう判断するのか考え方を提示してあげないと検索者達は迷います。認知度の低い商品の紹介活動は苦戦します。

その逆を行ってみてください。つまり適切なタイミングを迎えていそうなかたが検索しているキーワード経由で集客を試み、適正価格をどう判断するのか考え方を提示して、認知度の高い商品を提案してみてください。

アフィリエイト報酬が高いものに強引に誘導する行為は見透かされています。恣意的な誘導は嫌われる傾向にあります。あくまでユーザーに代わって、情報収集と取捨選択と思考を代行してあげるというスタンスで、検索者達に対して、ベターな選択を後押ししてあげる、検索体験を向上させるメディア育成を目指していきたいものです。

※注記
認知度の高い商品の提案が全ての人にとって必ずベターな選択になるとは言えません。
そこをどうカバーするかの方法論についてはまた後日。

株式会社ザンワーズ 代表取締役

太田 有哉 (オオタ ユウヤ)

メディア事業を始めとして、派生するビジネス、中古ドメイン事業とメディア支援事業も営む。火山灰販売事業も運営。

【公式サイト】https://www.thanwords.jp/
【運営メディア】https://lapl.jp/

同じ著者の記事

関連コンテンツ

ご注意ください

  • ・本ページの内容は、2018/02/22更新時点の情報です。更新日より期間が経過している場合など、状況により現在の情報とは異なる可能性があります。
  • ・一部、体験談などの執筆者の個人的な意見、株式会社インタースペース(アクセストレード)以外が提供するサービスの紹介が含まれる場合があります。情報の内容には十分に注意しておりますが、万が一、損害やトラブルが生じた場合は責任を負いかねますので、内容を御確認のうえ、ご自身の判断のもとでご利用ください。
  • ・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。