アクセストレード

プライバシーポリシー

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

truste verify

私たちは、個人情報保護が皆様に安心してサービスをご利用いただく前提条件と考え、ここにプライバシーポリシーを定めます。

インタースペース 九か条
  • 一条.個人情報は、ご提供をいただく全ての皆様よりお預かりしているものと考えています。
  • 二条.個人情報をお預かりするときには「なぜ?」をご説明します。
  • 三条.私たちは、個人情報を収集する際には同意をとります。
  • 四条.個人情報を取り扱う者は、サービスの運用に必要な者に限定します。
  • 五条.利用目的以外の用途にはお預かりした個人情報の利用はいたしません。
  • 六条.お客様の同意なしに第三者への個人情報の提供はいたしません。
  • 七条.システムセキュリティへの対策を行っています。
  • 八条.お客様の問い合わせには真心を持って対応します。
  • 九条.個人情報保護の責任者を中心に社員一同、皆様の個人情報保護に努めます。

(事業内容に適合した個人情報の保護を行います。環境の変化に適応させるために定期的に見直します。関係法規等を遵守いたします。)

施行日:2005年11月07日
更新日:2008年07月11日
代表取締役社長 河端 伸一郎

個人情報保護宣誓文(プライバシーステートメント)

プライバシーステートメントについて
アクセストレードは、TRUSTeのライセンシーです

アクセストレードは、TRUSTeプライバシー・シールプログラムのライセンスを持っております。TRUSTeとはユーザーのインターネットに対する信用と信頼を築く事をその目的としています。お客様のプライバシーに関するアクセストレードの取り組みを知っていただくために、プライバシー第三者認証機関のTRUSTeによる監査チェックの結果を公開することに同意しています。

お客様が、アクセストレードがプライバシー・ステートメントを守っていないと感じた場合には、まずアクセストレードにご連絡ください。更にお客様が、アクセストレードの問い合わせの対応にご満足いただけなかった場合や問い合わせ受理の連絡がない場合、十分な回答が得られない場合は、ウェブサイトからTRUSTe( https://www.truste.or.jp/hssl/watchdog/ )にご連絡ください。TRUSTeは、あなた方の問い合わせを解決すべくアクセストレードに連絡します。


1.アクセストレードのサービス内容について

アクセストレードは、アフィリエイトサービスを提供するASP(Affiliate Service Provider)です。アフィリエイトはアクセストレードに会員登録したパートナーが、サイトなどWeb上の媒体に広告主がアクセストレードに出稿した広告を掲載し、その広告経由で商品販売・資料請求・会員登録などマーチャント(広告主)が設定した成果条件を満たした場合に、マーチャント(広告主)からアクセストレードを通じて広告成果報酬をお支払いするサービスです。

アクセストレードを利用されるパートナーサイト・マーチャント(広告主)は、個人情報保護の努力をしていただくことをお願いしています。個人情報の取扱いについては、プライバシーポリシーのサイト上での公表や、プライバシーマーク、TRUSTeなど第三者認証の利用をおすすめしています。

アフィリエイトのサービス内容

インターネットユーザー アフィリエイト広告にアクセスする一般消費者

パートナーサイト(媒体側・広告提携先) アフィリエイト広告を掲載するサイト運営者

マーチャント(広告主) アフィリエイト広告を出稿する企業、マーチャント(広告主)に代わりアフィリエイト広告を出稿する企業

1-1.未成年のサービス利用について

アフィリエイトサービスは、その性質上、広告主の広告宣伝活動をお手伝いするため、パートナー会員の対象を18歳以上とさせていただいています。18歳未満の方は会員登録およびサービスのご利用はできません。

1-2.安全な環境について

1-2-1セキュリティに必要な環境について

サービスを安全に利用していただくために必要な環境と推奨する環境のご用意をお願いしています。セキュリティの観点から常に利用PCのOS、ウイルス対策ソフトおよびウェブ制作アプリケーションのアップデートおよびウェブサイトのクロスサイトスクリプティング対策およびSQLインジェクション対策をすることをおすすめします。

セキュリティに必要な環境
推奨環境について

https://www.accesstrade.ne.jp/browse

脆弱性対策

クロスサイトスクリプティング対策、SQLインジェクション対策

1-2-2アクセスとパスワード管理について

サービス利用の際はアクセスするドメイン(URL)を必ずご確認ください。また、ログインに利用するパスワードは使いまわしを避けるようお願いします。詳細は下記にてご確認ください。

アクセストレード関連ドメインのご確認
アクセストレード

https://www.accesstrade.ne.jp

パートナー管理画面

https://member.accesstrade.net

マーチャント管理画面

https://merchant.accesstrade.net

アフィバックモール

https://member.accesstrade.net

パスワードの管理
作成について

安全なパスワードの作成条件としては、以下のようなものがあります。

  • ・名前などの個人情報からは推測できないこと
  • ・英単語などをそのまま使用していないこと
  • ・アルファベットと数字が混在していること
  • ・適切な長さの文字列であること
  • ・類推しやすい並びかたや安易な組合せにしないこと

  • ※記号は「@」「-」「_」「.」が利用可能です

利用について

他サービスと共通のパスワードを利用していると他のサービスで情報が流出した場合に不正アクセスのリスクが発生します。
パスワードの使い回しはしないことをおすすめします。

1-3.関連サービスについて

アクセストレードの関連サービスについて
情報提供サービス

アフィリエイト大学
http://affidai.com/

  • ※アフィリエイトの情報提供

データ分析サービス

DatAly
プライバシーポリシー
https://s.entrance.atdataly.jp/privacy/dataly-policy.html

1-4.海外サービスについて

アクセストレードは、海外でもサービスを展開しております。海外は現地法人によるサービスの運営が行われております。

海外でのアクセストレードのサービスについて
インドネシア

PT. INTERSPACE INDONESIA
https://www.accesstrade.co.id/

タイ

INTERSPACE (THAILAND)CO,LTD
https://accesstrade.in.th/

ベトナム

INTERSPACE VIETNAM CO.,LTD.
https://interspace.vn/

シンガポール

INTERSPACE DIGITAL SINGAPORE PTE. LTD.
https://accesstrade.global/sg/

マレーシア

INTERSPACE DIGITAL MALAYSIA SDN. BHD.
https://accesstrade.global/my/

2.個人情報を収集する理由について

アクセストレードは、サービスのご利用にあたって、重要な情報のお知らせや広告の掲載に関して何らかの問題の発生時に確認のため、お預かりした情報を基にメールもしくは、お電話にて連絡をとらせていただく場合があります。また、広告成果報酬のお支払いのため氏名などの口座情報を収集します。お預かりしたホームページのサイト名・サイトPRの内容に基づき、その内容にあった新規広告(アフィリエイトプログラム)の紹介、新サービスおよび特別キャンペーンなどのご案内にも、収集した情報を利用しています。

アクセストレードを利用するすべてのお客様やインターネットユーザーの個人情報は、プライバシーポリシー/プライバシーステートメントに基づいて収集、使用、開示されます。またアクセストレードを運営、サービス提供する目的以外でこの個人情報を利用することはありません。

インターネットユーザーのアフィリエイト成果に関するデータは、第三者に利用できないようになっています。またその情報は成果を確認するために収集されており個人を識別することはありません。

アクセストレードではパートナー、マーチャント(広告主)のアフィリエイトご担当者以外の個人情報を扱うことはありません。しかしパートナー、マーチャント広告主)について一定の個人情報保護体制を持つことをサービス提供の条件とし、審査の対象としています。

3.ご入力いただく個人情報の利用目的について(直接取得)

3-1.会員登録(登録ホームページ審査)
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

パートナー登録フォーム
https://www.accesstrade.ne.jp/pregist/mail

収集内容について

1.法人向け
法人名、法人名(カナ)担当者氏名、担当者氏名(カナ)、メールアドレス、所属部署、役職、郵便番号、住所、電話番号、ログインID、パスワード、サイトタイプ、サイト名、サイトURL、対応デバイス、サイトカテゴリー、サイトPR

【金融機関情報】
金融機関名、支店(出張所)名/口座記号(※1)、口座種別、口座番号、口座名義人、口座名義人(カナ)

2.個人向け
氏名、氏名(カナ)、メールアドレス、郵便番号、住所、電話番号、生年月日、性別、ログインID、パスワード、サイトタイプ、サイト名、サイトURL、対応デバイス、サイトカテゴリー、サイトPR

【金融機関情報】
金融機関名、支店(出張所)名/口座記号(※1)、口座種別、口座番号、口座名義人、口座名義人(カナ)

  • ※1.郵便貯金をご利用する場合に「口座記号」が必要となります。
  • ※ 不正利用が判明した場合には日本アフィリエイトサービス協会(JASK)にて共同利用します。
    不正パートナー情報の共同利用

利用目的について
  1. 会員情報として管理
  2. 各種ご案内のメール、メールマガジンおよび広告
  3. 広告成果報酬の振り込みに利用
  4. 提携している広告(アフィリエイトプログラム)およびアクセストレードに関しての連絡、またはご案内に使用
  5. アクセストレードに関する統計資料として、個人が特定できない範囲で利用
  6. 一部パートナーへのメディア営業
  7. 不正利用もしくは、その疑いがある場合日本アフィリエイトサービス協会に登録情報の届出
メールマガジンについて
  • ・【AT】[速報]アフィリエイトプログラム情報:土/日/祝祭日以外 週2回配信
  • ・【AT】[特選]:不定期
  • ・【AT】[特集]:不定期
  • ・その他
連絡方法について

原則としてメールにて行いますが、「広告の誤表記」など緊急を要する内容の場合、ご登録の電話番号に連絡する場合があります。

任意か必須かについて

登録に必要な情報であるため必須

備考

審査結果は合否に関わらず登録申請日から3営業日以内(土日祝日が有る場合にはその翌日)に連絡をします。審査は、ホームページの内容がパートナー利用規約の条件を満たしているか確認をします。

3-2.パスワードの確認について
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

パスワードの確認フォーム
https://www.accesstrade.ne.jp/reminder/pass

収集内容について

ログインID、メールアドレス

利用目的について

パートナーのパスワード確認に使用

任意か必須かについて

本人確認のため必須

3-3.ログインIDの確認について
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

ログインIDの確認フォーム
https://www.accesstrade.ne.jp/reminder/id

収集内容について

法人・個人、法人名称、氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス

利用目的について

パートナーのログインID確認に使用

任意か必須かについて

本人確認のため必須

3-4.広告(アフィリエイトプログラム)への提携の申請
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

管理画面内(提携管理)

収集内容について<会員登録情報を引用>

サイトタイプ、サイト名、サイトURL、デバイスタイプ、サイトカテゴリー、サイトPR

利用目的について

各パートナーが希望する広告(アフィリエイトプログラム)への提携申請に使用

  • ※提携を希望するマーチャント(広告主)の管理画面に表示し、マーチャント(広告主)が提携の可否を判断します。
任意か必須かについて

必要な情報であるため必須

備考

広告(アフィリエイトプログラム)に提携申請した場合に、マーチャント(広告主)の承認、解除を目的として上記収集内容をマーチャント(広告主)の管理画面に表示します。

3-5.提携の承認
マーチャント(広告主)

収集する場所について

マーチャント(広告主)の管理画面内(提携管理)

収集内容について<会員登録情報を引用>

サイト名、サイトURL、法人・個人、サイトオーナー名/企業名、サイト種別、ATステージ、サイトカテゴリー、サイト概要

利用目的について

申請したパートナーサイトに対し、マーチャント(広告主)が広告配信を許可するための審査に使用

3-6.広告成果の承認
マーチャント(広告主)

収集する場所について

マーチャント(広告主)の管理画面内(成果承認)

収集内容について<会員登録情報を引用>

サイト名、サイトURL、法人・個人、サイトオーナー名/企業名、サイト種別、ATステージ、サイトカテゴリー、サイト概要

利用目的について

発生した広告成果に対し成果対象となりえるかの審査をマーチャント(広告主)が行う際にどのパートナーで発生したかを確認するために使用

3-7.パスワードの確認について
マーチャント(広告主)

収集する場所について

パスワードの確認フォーム
https://merchant.accesstrade.net/matv3/identify/password.html

収集内容について

ログインID

利用目的について

マーチャント(広告主)のパスワード確認に使用

任意か必須かについて

本人確認のため必須

3-8.ログインIDの確認について
マーチャント(広告主)

収集する場所について

ログインIDの確認フォーム
https://merchant.accesstrade.net/matv3/identify/id.html

収集内容について

会社名、ご担当者様氏名、メールアドレス、出稿中サービス名、出稿中サービスサイトURL

利用目的について

マーチャント(広告主)のログインID確認に使用

任意か必須かについて

本人確認のため必須

3-9.マーチャント(広告主)による資料請求
マーチャント(広告主)

収集する場所について

資料請求フォーム
https://www.accesstrade.ne.jp/request

収集内容について

ご希望のサービス、実施中の運用型広告、広告主・代理店、法人格種別、法人名称、所属部署・役職名、ご担当者氏名、メールアドレス、国内/海外、郵便番号、住所、電話番号、ウェブサイトURL、ウェブサイト区分、コーポレートサイトURL、アンケート、ご質問・ご要望

利用目的について
  1. 資料請求情報として管理し、アクセストレードのサービス案内に使用
  2. 弊社担当による電話、訪問の際に利用
  3. サービス申込時の契約などに利用
連絡方法について

ご記入の電話番号、住所、メールアドレス宛に連絡をします。

任意か必須かについて

資料請求に必要な情報であるため必須

3-10.キャンペーンについて
インターネットユーザー

収集する場所について

キャンペーン応募フォーム

収集内容について

メールアドレス、氏名、郵便番号、住所、電話番号、アンケート

利用目的について
  1. プレゼント抽選のため
  2. 当選者メール通知のため
  3. 商品の配送のため
  4. キャンペーン問い合わせのため
  5. その他キャンペーンごとに定められたもの(各ページでご確認ください)
  6. 応募状況の統計
任意か必須かについて

賞品の発送がともなう場合は、郵便番号、住所、電話番号は必須

3-11.セミナー応募について
インターネットユーザー
マーチャント(広告主)
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

インターネットユーザー
マーチャント(広告主)
セミナー応募フォーム
https://member.accesstrade.net/atv3/seminar/m/
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)
セミナー応募フォーム
https://member.accesstrade.net/atv3/seminar/

収集内容について

法人名、所属部署、氏名、メールアドレス、電話番号、郵便番号、住所、アンケート

利用目的について
  1. リアル・ウェブセミナーの参加者登録、または場合により抽選のため
  2. 当日のご参加者の確認のため
  3. アンケートの集計とサービス向上のため
  4. 参加者ご挨拶メールの送信、特典発送のため
連絡方法について

抽選結果はメールまたは、電話でご連絡します。

参加資格の確定について

参加資格は折り返しの連絡(メール・電話)をもって確定とします。

任意か必須かについて

参加資格の確認のため必須

3-12.お問い合わせ
インターネットユーザー
マーチャント(広告主)
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

お問い合わせフォーム
https://www.accesstrade.ne.jp/contact

収集内容について

お問い合わせ区分、氏名、メールアドレス、お問い合わせ内容

利用目的について

お問い合わせ情報として管理し、お問い合わせの連絡に使用

連絡方法について

ご記入のメールアドレス宛に連絡します。

任意か必須かについて

お問い合わせに必要な情報であるため必須

3-13.AIチャットボットなっちゃんについて
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

チャットボット
https://member.accesstrade.net/atv3/chatbot.html#bot

収集内容について<ログイン後>

質問

利用目的について
  1. パートナーの質問に回答するため
  2. パートナーの質問内容を学習し、チャット回答やサービス向上に役立てるため
任意か必須かについて

必須

備考

質問内容によっては回答ができないことがあります。
学習に利用するため、質問内容の個別削除に応じることはできません。

3-14.管理画面へのご要望について
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

要望フォーム
https://member.accesstrade.net/atv3/home.html

収集内容について

ご意見、ご要望

利用目的について

サービス改善に使用

任意か必須かについて

必須

3-15.管理画面外の提携申請について
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

収集する場所について

提携申請フォーム
https://member.accesstrade.net/atv3/shakehands.html

収集内容について

ログインID、パスワード

利用目的について

提携申請の際に使用

任意か必須かについて

本人確認のため必須

3-16.収集されるインターネットユーザー個人の情報について
インターネットユーザー

アクセストレードは、インターネットユーザーがアクセストレードで配信する広告を閲覧およびクリックした際、成果計測に必要な個人を識別できない情報を取得します。

収集する情報には、クリックした時間、アクセスした時間、IPアドレス、参照されるサイトのURL、ソフトウェア(OSとブラウザ)、ドメイン名などの情報が含まれます。該当の情報取得については、当社サイト、マーチャント(広告主)サイトないしはパートナーサイト上でアフィリエイト広告の掲載を公表できるようにします。

3-17.収集された情報の保全および保管について
インターネットユーザー

アクセストレードは、必要最小限の情報のみを収集するように努めています。

またその管理方法には最大限の注意を払っています。広告をクリックした後の広告(アフィリエイトプログラム)サイトにおける会員登録状況や商品購入状況などの成果発生情報、また個人の一般的情報がこの対象となります。

アクセストレードは、収集したデータを保護されたアクセストレードのサーバー内に保管していますが、このサーバーには権限ある社員しかアクセスすることができません。

3-18.キャンペーン業務の受託について
インターネットユーザー

3-18-1キャンペーン運営業務の受託

アクセストレードでは、プレゼントキャンペーンなどの運営業務を受託することがあります。キャンペーン業務での個人情報の取扱いは、キャンペーン主の監督のもとに行われます。アクセストレードでは、キャンペーン受託に際して、キャンペーン主のプライバシーポリシーとキャンペーンの個人情報取扱い方法を審査し、個人情報に配慮したサービス運営となるように努めます。

収集する場所について

キャンペーン収集フォーム

収集内容について
  1. メールアドレス、氏名、住所、お問い合わせ内容
  2. その他キャンペーンごとに設定される情報(アンケートなど)
利用目的について
  1. プレゼント抽選のため
  2. 当選者のメール通知のため
  3. 賞品の配送のため
  4. キャンペーン問い合わせのため
  5. その他キャンペーンごとに定められたもの(各ページでご確認ください)
  6. 応募状況の統計

  • ※キャンペーンによっては、終了後にキャンペーン主体から新たな利用目的でのご連絡がくることがあります。その際は、キャンペーン主体にお問い合わせください。

備考

アクセストレードでは、受託に際してキャンペーンで収集される個人情報と個別に設定された利用目的が適切であるか。また、利用目的をわかるようにしてお客様が同意いただける内容であるかを審査します。

3-18-2キャンペーン問い合わせ業務の受託

アクセストレードでは、キャンペーン問い合わせ業務のみを受託することがあります。キャンペーンの運営は、キャンペーン主となります。

収集する場所について

キャンペーンお問い合わせフォーム

収集内容について

メールアドレス、氏名、住所、お問い合わせ内容

利用目的について
  1. キャンペーン問い合わせのため
  2. 問い合わせ内容についてのキャンペーン主との連絡
備考

キャンペーン運営については、キャンペーン主が行います

4.弊社担当による個人情報の収集について(間接取得)

アクセストレードでは、弊社担当よりパートナーのリクルートやマーチャント(広告主)の開拓のためにウェブサイトや各種媒体などから連絡先情報を収集し、電話やメールで連絡することがあります。

5.自動的に取得する情報について

5-1.コンピューターが自動的に取得する情報について

5-1-1Cookie(クッキー)

Cookieとは、インターネットユーザーのハードドライブに蓄えられる1つのテキストデータ(文字情報)です。このCookieを利用してプログラムを実行したり、コンピューターにウイルスを配信したりすることはできません。

管理Cookie

アクセストレードでは、Cookieを利用しており、パートナーおよびマーチャント(広告主)がアクセストレードの管理画面の機能を利用する際に必要としています。Cookieの設定が無効になっている場合、サービスのご利用ができません。ウェブページ間の移動や、ウェブサイトの安全なページにアクセスするなど、プロセスを維持するために必要となります。一定時間のアクセスがない場合には、管理ページからログアウトするなどセキュリティ対策としても利用します。

また、Nortonセキュアシールクッキーは、サーバーとウェブサイトの状態をセキュリティのためにモニタリングをしております。

ウェブビーコン

マーチャント(広告主)にウェブビーコン(小さな画像を広告主のサイトから呼び出す際に利用)を提供しています。これは、インターネットユーザーの広告情報(広告の成果を特定する)と会員登録状況や購入状況の結果をパートナーの広告成果報酬と結びつけるために利用します。

上記の情報は、いずれもそれ自体は何ら個人識別性を有しません。

広告配信Cookie

アクセストレードでは、インターネットユーザーがアクセストレードの配信する広告を閲覧、クリックした際に、広告成果を特定する目的でCookieを利用し、インターネットユーザーのパソコンに保存します。なお、Cookieは個人を特定しない情報として、広告成果を計測するために必要な有効期限を設けて利用しています。

インターネットユーザーの意思により、ブラウザでCookie利用について調整を行うことができます。Cookieの設定を調整し、これを無効化することもできますが、無効化した場合にはアクセストレードが配信する広告に何らかの影響が出てしまう可能性もあります。

アクセス解析Cookie

アクセストレードが運営するホームページ(サイト)では、アクセス解析のためにCookieを利用していますが、統計目的で収集し、個人を特定する目的での利用はありません。アクセス解析のために第三者に個人情報を提供することもありません。

アクセストレードはGoogle Analyticsを利用し、アクセストレードが運営するウェブサイトを閲覧する訪問者の履歴をもとに、サイトの効果計測やGoogle広告の配信を行っています。効果計測や当該広告の配信を停止したい場合には、下記よりGoogle Analyticsのオプトアウトをすることができます。


Google Analytics オプトアウト

  • ※Google Analytics オプトアウト アドオンは、Google Analytics によるデータ収集の方法をウェブサイトの訪問者の意思で選択できる機能です。このアドオンは Google Analytics JavaScript(ga.js、analytics.js)と連携し、ウェブサイトへのアクセスに関する情報が Google Analytics に送信されないようにします。

行動広告Cookie

アクセストレードが運営するホームページ(サイト)では、行動ターゲティング広告でCookieを利用しています。行動ターゲティング広告は、Googleに委託をしております。行動ターゲティング広告の配信を停止したい場合には、下記よりGoogle 行動ターゲティング広告のオプトアウトをすることができます。同機能により、行動ターゲティング広告と同時にアクセス解析もオプトアウトされます。


Google Analytics オプトアウト

  • ※Google Analytics オプトアウト アドオンは、Google Analytics によるデータ収集の方法をウェブサイトの訪問者の意思で選択できる機能です。このアドオンは Google Analytics JavaScript(ga.js、analytics.js)と連携し、ウェブサイトへのアクセスに関する情報が Google Analytics に送信されないようにします。

ソーシャルメディアCookie

アクセストレードでは、Facebookソーシャルプラグイン、Twitterプラグインを利用しています。ソーシャルプラグインを経由してFacebookやTwitterサイトにアクセスするとCookieを付与されます。


5-1-2ログ・ファイル

ログファイルでの不正アクセスの監視

アクセストレードでは、クリックされた情報やアクションの結果情報をログファイルとして収集し、成果やクリックを計測する目的、パートナーサイトの不正監視の目的において利用しています。

ログデータの統計分析の利用

アクセストレードが運営するホームページ(サイト)では、利用者の動向を調査するためにアクセスログ・ファイルを使用します。これにより当社は、IPアドレス、ブラウザの種類、リファラーなどについての統計的なサイト利用情報を得ることができますが、個人を特定する目的での利用はありません。

5-1-3ウェブビーコン

アクセストレードでは、ウェブサイト内で、ウェブビーコンを使用しています。これはウェブサイトの統計情報として来訪者の画面遷移を計測する目的において利用しています。

ご注意

  • ※お客様が個人情報を直接公開した場合、この情報が第三者の手によって収集され、使用される危険性があります。個人情報やID・パスワードなどが推測される情報の記載は絶対にしないようにご注意ください。

5-2.スマートフォンアプリからの情報収集について

アクセストレードは、スマートフォンアプリの広告配信の際、SDKというプログラムによって端末から以下の情報を取得しています。インストールリファラー、デバイス名、ブランド名、製造者名およびOSバージョン番号、アプリパッケージ名、当社が独自に生成したトラッキングUIDなどやCookieです。これらは、アプリ利用時の起動確認や広告配信を計測する目的および製品開発時の統計資料として利用しています。アクセストレードのサービスを運営するための重要な情報となります。上記は、プライバシーに関わる情報ですので十分な注意を払い、機密性を持って管理をいたします。

当社のSDKは上記以外の情報収集はしないため、アプリが収集することがある場合にも端末からアドレス帳や履歴などの保有されている情報、端末の利用状況などのプライバシー情報の収集をアクセストレードがすることはありません。アプリの収集する情報の利用目的はアプリ運営会社(開発会社)にご確認ください。

6.第三者提供について

アクセストレードは、本人の同意なく個人情報を第三者に提供はいたしません。ただし、行政機関および司法機関、捜査機関から法律に基づく開示の命令および要請がある場合には本人の同意なく開示いたします。

アクセストレードは、パートナーのプライバシーの保護に注力しています。アクセストレードが、パートナーの個人情報を第三者に転送、販売、貸与したりすることは、一切ありません。第三者に提供をする場合には事前に同意をいただきます。

7.個人情報の委託について

7-1.アクセストレードによる委託

メールによるユーザーサポートを行う際に外部のメール配信サービスを利用しています。これらの会社がサービスを履行するためサポート業務に必要な個人情報を委託しています。

アクセストレードのサービスは外部のデータセンターを利用しています。またアクセストレードを通じて広告成果報酬をお支払いする際は、金融機関を利用しています。これらの会社は、アクセストレードのプライバシーポリシーを認識し、ユーザー情報の秘密を保持する義務を負い、それ以外の目的で情報を使用することを禁止しています。

金融機関 三井住友銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行
メール配信 株式会社パイプドビッツ、株式会社ラクス
配送 日本郵便株式会社、ヤマト運輸株式会社
サイト審査 インタセクト・コミュニケーションズ株式会社
アドフラウド監視 株式会社Spider Labs
チャット 株式会社FPGテクノロジー

7-2.マーチャント(広告主)による委託

マーチャント(広告主)に代わり代理店が委託業務を行うことができます。その場合、利用目的の範囲内で必要最低限の個人情報(基本的には氏名のみ)を開示します。なお弊社では、委託する会社名称(代理店)はセキュリティの観点から開示しない方針としております。

8.情報の収集について

インターネットユーザー
マーチャント(広告主)
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

アクセストレードでは、弊社担当よりパートナーのリクルートやマーチャント(広告主)の開拓のためにウェブサイトや各種媒体などから連絡先情報を収集し、電話やメールで連絡することがあります。

アクセストレードは、上記の目的以外で本ウェブサイト(アクセストレード)上で得た情報にオフラインまたはその他ソースから得た他の個人識別情報を収集し、無断で関連づけることはありません。

ただし、不正利用や不正行為が判明した場合には日本アフィリエイトサービス協会(JASK)に照会します。


<日本アフィリエイトサービス協会(JASK)について>
アクセストレードは必要があると判断した場合、日本アフィリエイトサービス協会(JASK)にパートナーの不正に関する登録状況を照会し、場合によっては退会いただくことがあります。

9.不正パートナー行為について

アクセストレードでは、以下の行為を不正パートナー行為と定めています。このような行為に対して注意・勧告をおこない、場合によっては成果の取り消しおよびサイトの利用停止および強制退会のひとつの理由となることがあります。

アクセストレードおよびマーチャント(広告主)が認める場合以外の広告コードの改変

  • ・バナーやテキスト広告の表現変更
  • ・リンク部分の抜き出し

アクセストレードおよびマーチャント(広告主)が認める場合以外に登録した媒体以外に広告を掲載すること

  • ・インターネット掲示板やSNSなどのインターネット上の公共スペース
  • ・迷惑メール
  • ・アフィリエイトプログラムに参加していない運営サイト

迷惑行為により自身のサイトへの送客および広告(アフィリエイトプログラム)サイトに消費者を誘導すること

  • ・不特定多数へのトラックバック
  • ・不特定多数への迷惑メールの配信による自身のサイトへの誘導
  • ・ブランド名の検索キーワードの購入(マーチャントが禁じている場合)

マーチャント(広告主)の商標、著作権その他知的所有権を侵害すること

  • ・許可されていない商品写真、CMキャラクターなどの掲載
  • ・マーチャント(広告主)が禁止している表現を使用した商品/サービスの紹介
  • ・インターネットユーザーが誤認する恐れがあるサイトの複製行為

広告のクリックを不適切に誘発すること

  • ・他のリンクを装った広告リンクの埋め込み
  • ・javascriptなどを利用したクリックの自動化
  • ・アドウエアによる広告リンクの表示

クリック報酬が設定された広告に対し、自らが関与して連続かつ大量のクリックを行うこと

  • ・第三者へのクリック呼びかけ
  • ・プログラムを利用したクリック

自身の広告リンクを通じて架空の申し込みをすること

自身の広告リンクを通じて第三者の代理申し込みをすること

  • ※ただし法令などが定めた代理人の場合この限りではない。

10.不正パートナー情報について

アクセストレードは外部企業との個人情報の共同利用はしておりません。またグループ会社であっても情報の共有はいたしません。ただし、不正パートナー行為をしたアフィリエイトパートナー情報は、日本アフィリエイトサービス協会(JASK)に登録を行います。

対象となる不正行為
  • ・広告のクリックを不適切に誘発すること
  • ・クリック報酬が設定された広告に対し、連続かつ大量のクリックを行うこと
  • ・自身の広告リンクを通じて架空の申し込みをすること
  • ・自身の広告リンクを通じて第三者の代理申し込みをすること
登録する内容(共同利用する項目)
  • ・アフィリエイトパートナーの氏名(法人の場合会社名)
  • ・登録サイトURL
  • ・メールアドレス
  • ・不正行為の具体的な内容
  • ・対象となったマーチャント(広告主)の所属する業種
  • ・登録銀行口座番号7桁
  • ・加盟社の名
共同利用する範囲

日本アフィリエイト・サービス協会会員社

共同利用の目的

加盟社がアフィリエイト・パートナーの継続審査、新規登録審査の際に悪質な行為を行ったアフィリエイト・パートナーの情報を参照することにより、対象者が加盟社を渡り歩いてその行為を繰り返すことを防ぐために利用します。

不正行為の再発防止に努めマーチャント(広告主)の利益を守るとともに、成りすましなどによる不正なサービスの申し込みから消費者を保護し、業界の健全性を高めます。

日本アフィリエイトサービス協会への照会・登録は厳密に管理したうえで行っており、不正者管理の目的以外には利用いたしません。

管理責任を有する者の名称など

日本アフィリエイト・サービス協会 事務局長
e-mailinfo@j-ask.org

11.外部へのリンクについて

このウェブサイトは他のサイトへのリンクを含んでいます。

管理画面上での外部リンクは、パートナーおよびマーチャント(広告主)へのリンクがあります。これらの外部リンクは、審査や確認をするために必要なため公開しています。

また採用情報への外部リンクは株式会社インタースペースのページにて行っています。
https://www.interspace.ne.jp/recruit/

その他、自社が運営するサービスのリンクがあります。

このプライバシー・ステートメントはアクセストレードによって収集される情報だけに適用されます。外部リンク先に個人情報を登録する場合には、アクセストレードはサイトのプライバシーに関する声明またはコンテンツについて一切責任を負いません。外部リンク先のプライバシーに関する声明をお読みになり個人情報の収集、使用および共有の方法を理解することをお勧めします。

11-1.ソーシャルメディアコミュニケーションについて

アクセストレードでは、PRを目的としてソーシャルメディアを利用しています。

下記ソーシャルメディア上の公式ページにて、専任の担当者が記事や動画・コメントなどの投稿を行います。投稿する情報は、担当者個人の見解が一部含まれる可能性があり、アクセストレード(もしくは株式会社インタースペース)の公式コメント・発表とは異なる可能性がありますのでご留意ください。

ソーシャルメディア
Facebook

アクセストレード公式
https://www.facebook.com/accesstrade

Twitter

@ACCESSTRADE_PR
https://twitter.com/ACCESSTRADE_PR

@at_award
https://twitter.com/at_award

YouTube

accesstrade
https://www.youtube.com/c/accesstrade-official

Instagram

accesstrade.jp
https://www.instagram.com/accesstrade.jp

なお、各メディア上での全てのコメントなどへの返信はできかねます事を予めご了承のうえご利用ください。ソーシャルメディアの運営や内容についての不明点および質問は、アクセストレードサポート窓口にて承っております。
e-mailsupport@accesstrade.net

11-2.PRツールについて
パートナーサイト(媒体側・広告提携先)

アクセストレードでは、パートナー向けのPRを目的としてチャットツールを利用しています。

下記ツール上で、専任の担当者がアクセストレードの情報を配信します。コメントなどへの返信はできかねます事を予めご了承のうえご利用ください。

配信される情報は、担当者個人の見解が一部含まれる可能性があり、アクセストレード(もしくは株式会社インタースペース)の公式コメント・発表とは異なる可能性がありますのでご留意ください。

PRツール
ChatWork

パートナー管理画面内の招待リンクからご利用いただけます。

パートナー向けPRツールについての不明点および質問は、アクセストレードサポート窓口にて承っています。
e-mailsupport@accesstrade.net

12.個人情報を保護する方法(セキュリティ)について

アクセストレードは個人情報の取扱において不正アクセスや悪用を防ぐため様々な取り組みを実施しています。万一、漏えいなどが発生し、お客様を害するおそれがある場合には、お客様へのご連絡と個人情報保護委員会に報告をいたします。

組織的安全管理
  • ・個人情報保護の管理者および担当者を設置
  • ・経営幹部によるセキュリティの定期的な見直し
技術的安全管理
  • ・SSL(Secure Sockets Layer)暗号を使用
  • ・業務上必要な特定の社員だけにアクセス権限を付与
  • ・外部のセキュリティ会社による不正利用者の監視
  • ・ファイヤーウォールを設置
  • ・内部アクセスログによる監視
物理的安全管理
  • ・特定の人間しか入ることのできないデータセンターを利用
  • ・電子錠で社員入退室の管理
  • ・ノートパソコンのハードディスク暗号化
人的安全管理
  • ・プライバシー保護やセキュリティについての社員教育を定期的に実施
  • ・個人情報保護の管理責任者は、個人情報保護資格CPP を取得
  • ・個人情報保護の管理担当者は、個人情報保護資格CPA を取得
ユーザーへの注意喚起
  • ・あらゆる悪意のある方法(フィッシング・ファーミング)には注意を呼びかけます。
  • ・アクセストレードからメールでパスワードを尋ねることはありません。
  • ・個人情報の保護対策の実施をお願いしています。アルファベットと数字を組み合わせたパスワードを使用してください。
13.開示、訂正、利用停止(退会)について

13-1.パートナーサイト

パートナーは登録した個人情報をいつでも閲覧し、これを変更(訂正)またはアクセストレードから退会をすることができます。本人確認はログイン時に行っており、これらの請求に関しては管理画面のログインが必要となります。利用停止後のデータは一定期間後に消去します。消去の請求がある場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

13-1-1開示の場合

開示する場所

管理画面

確認できる内容
  • ・成果状況
  • ・報酬支払履歴
  • ・提携状態
  • ・サイト情報
  • ・管理者情報

13-1-2変更の場合

変更できる場所

管理画面

変更できる内容
  • ・提携状態
  • ・サイト情報
  • ・管理者情報

  • ※ログインID、氏名、成果情報、報酬の変更は行えません。

13-1-3利用停止(退会)の場合

退会できる場所

管理画面( マイページ ―> 管理者情報 ―> 退会申請 )退会ボタン

登録データについて
  1. 登録データは、退会月を含め3ヶ月間報酬のお支払いのみに利用します。退会時には、アクセストレードの登録データをサービスに使用できない状態に変更します。
  2. 退会時より1年間、登録データを個人情報責任者が管理し、弊社社員においても使用できない状態にします。
  3. 上記登録データは、税務的な処理に対応するため、退会時より1年間を限度に個人情報責任者が管理し、当該期間経過後はデータを削除するものとします。
  4. 登録データを除いた成果に関するデータについては、取引記録データとして一定間の保管・維持します。
  5. 強制退会者および当社が不正と判断したサイトの登録情報は、再入会の阻止のために利用し保持します。

13-1-4強制退会の場合

アクセストレードではサイトパトロールによってパートナーサイトとして不適当なサイトと当社が判断した場合には強制退会を行います。強制退会者の登録情報は、再入会の阻止のために利用し保持します。また強制退会者は報酬の受け取りの資格を失います。

13-1-5メールマガジンの利用停止

停止できる場所

管理画面( マイページ ―> 管理者情報 ―> メール受信設定 )「受信しない」ボタン

停止できないサービスの内容

アクセストレードから重要度の高いお知らせにつきましては、お送りいたします。重要な連絡を含む内容のため退会した場合を除いて配信の停止はできません。

13-2.マーチャント(広告主)

マーチャント(広告主)は、登録した企業情報をいつでも閲覧し、これを変更することができます。また、事前の通知によりアクセストレードとの契約解除をすることができます。ご本人の確認はログイン時に行っています。利用停止後のデータは一定期間後に消去します。消去の請求がある場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

13-2-1開示の場合

開示する場所

管理画面( アカウント管理 )

確認できる内容
  • ・アカウント状況
  • ・契約情報
  • ・プログラム状態
  • ・登録者情報
  • ・プログラム管理

13-2-2変更の場合

変更できる場所

管理画面( アカウント管理 )

変更できる内容
  • ・登録者情報
  • ・プログラムの変更申請

13-2-3退会の場合

ご契約期間を確認後、アクセストレードの担当までご連絡ください。

13-3.インターネットユーザー

13-3-1開示の場合

お問い合わせフォームに氏名、お問い合わせ内容に開示希望をご記入の上、ご連絡ください。

インターネットユーザー、パートナーからの過去にお問い合わせいただいた情報については、前回のお問い合わせから3ヶ月以内のお問い合わせについてのみ開示します。

13-3-2変更の場合

本人確認は、以前にお問い合わせいただいたメールアドレスと氏名にておこないます。過去の利用履歴の変更はできません。

13-3-3利用停止の場合

お問い合わせ内容はお問い合わせに満足が得られた場合および対応の必要が無い場合には、お問い合わせ対応の停止をします。

14.未成年の個人情報の収集について

アクセストレードは、18歳未満を対象としていませんので、18歳未満の方の個人情報の収集をいたしません。また、18歳未満の方の個人情報を使用いたしません。

15.フィッシング対策について

アクセストレードでは、なりすましによるフィッシング詐欺の被害防止のために利用するドメインを明らかにしています。下記にアクセストレードが利用(保有)している正規ドメインについてお知らせします。個人情報などをご入力の際は、安全性を確認し利用ください。

これら以外にアクセストレードを騙るドメインやメールがある場合にはプライバシーステートメントの連絡先にご一報ください。

アクセストレードが正規に利用しているドメイン

URL
  • ・accesstrade.net|アクセストレード
  • ・accesstrade.ne.jp|アクセストレード
  • ・accesstrade.co.id|アクセストレード インドネシア向けサービス
  • ・accesstrade.in.th|アクセストレード タイ向けサービス
  • ・accesstrade.vn|アクセストレード ベトナム向けサービス
  • ・accesstrade.global|アクセストレード シンガポール・マレーシア向けサービス
  • ・accesstrade.jp|FAQ
  • ・at-m.net|アクセストレードモバイル
  • ・affidai.com|アフィリエイト大学
  • ・atcampaign.net|キャンペーン
Mail
  • ・@accesstrade.net|アクセストレード
  • ・@accesstrade.ne.jp|アクセストレード
  • ・@interspace.ne.jp|インタースペース
16.情報の二次利用(目的外利用)について

アクセストレードでは、情報の収集時に定めた利用目的が変更になった場合にはパートナーに利用の選択権を提供します。事前の同意なく、二次利用(当初の目的以外の利用)はいたしません。

アクセストレードは、当初の利用目的であるアフィリエイト以外のサービスを提供する際には、事前にパートナーの同意をいただきます。

不測の事態が起きた場合について
アクセストレードで万一個人情報に伴う事故が起きた場合には、関係者の皆様(当該個人情報に含まれる本人の方)および個人情報保護委員会に事故についての報告をし、誠意を持って対応いたします。

17.プライバシーステートメントの変更について
  1. アクセストレードは、パートナーおよびインターネットユーザーの一般の利益に適合する場合のほか、社会情勢など諸般の状況変化、法令の変更、アクセストレードに関する実情の変化その他相当の事由があると認められる場合には、民法548条の4の規定に基づいて、本プライバシー・ステートメントの利用目的の範囲内で、パートナーおよびインターネットユーザーの事前の承諾を得ることなく、本プライバシー・ステートメントの内容を変更できるものとします。

  2. アクセストレードは、個人情報の収集・利用・公開などを含むウェブサイトのプライバシー・ステートメントに関する変更について、本ホームページ上への掲載、または当社の定める方法により通知することで周知するものとします。
18.連絡先について

お客様のプライバシーに関するアクセストレードのプライバシーポリシー、プライバシーステートメントや個人情報の収集、使用または開示に関するご質問はメールをご利用ください。担当者より3営業日以内に返答させていただきます。

株式会社インタースペース
東京都新宿区西新宿二丁目4番1号 新宿NSビル
個人情報保護管理者 松尾
e-mailprivacy@accesstrade.net


TRUSTeシールプログラムについて

第三者機関が審査・認証を行うことにより個人情報を扱うウェブサイトが利用者に対する信用度・信頼度を向上するために作られた個人情報保護の認証規格です。アメリカで誕生し、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカ、中近東の世界各国で利用されております。

TRUSTeは、アクセストレードが個人情報保護をどのように実践しているかをお客様にお約束しているものとお考えください。具体的には、アクセストレードがお客様のどのような個人情報を集めどのように利用するのか、提供や共有する対象となりうる企業があるのか、情報の紛失・悪用を予防するセキュリティはどのようになっているのか、情報の誤りをお客様がどのように修正でき退会ができるのかについてお約束します。

アクセストレードは、個人情報保護をすすめ健全な産業の発展のために取引のある企業様やクライアントの企業に対して、TRUSTeの取得を推奨しています。


プライバシーステートメント最終更新日
2022年01月19日

代表取締役社長 河端 伸一郎