アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

広告主 取材企画

ACCESSTRADE SERVERはどんなサーバー?インタビュー企画

情報更新日:2018/05/21

株式会社Joe'sクラウドコンピューティング 取締役

緒方 俊輔 (オガタ シュンスケ)

ACCESSTRADE SERVER(以下、アクセストレードサーバー)は2017年11月よりサービス提供を開始した、アフィリエイター様からのご要望をもとに生まれたアクセストレードオリジナルのレンタルサーバーです。

2018年5月からは無料独自SSL機能を追加し、パワーアップしたアクセストレードサーバーを、もっと多くのアクセストレード会員のパートナー様に知っていただきたいと思い、今回はアクセストレードサーバーの運営主体である株式会社Joe'sクラウドコンピューティング取締役の緒方さんにインタビューを実施しました!

■アクセストレードサーバーの運営主体である株式会社Joe'sクラウドコンピューティングについて教えてください

弊社は2002年にレンタルサーバー事業をはじめた、今年で16年目の企業となります。
本社は大阪にございまして、他に東京に2拠点を構えております。

2015年には東証一部上場のさくらインターネット株式会社の資本を受け入れまして、100%子会社としてグループシナジーを活かした事業展開を行っております。

現在は創業事業でもありますレンタルサーバーを含む「クラウドホスティング事業」の他、お客様のIT環境のセキュリティ向上のための「情報セキュリティ事業」、そして、創業期や地方から都市部への進出等で、まだ資金的に余裕がない経営者のためのバーチャルオフィス機能やワークスペースをご提供する「経営支援事業」の3事業を展開しております。

■アクセストレードサーバーはどのようなきっかけで誕生したのですか

2016年に、親会社であるさくらインターネットに対して、アフィリエイト関連事業を展開されているお客様から「安定して使えるIP分散サーバーを作ってくれないか」というリクエストがあったことがきっかけです。

様々な事情もあり、さくらインターネットではすぐにリクエストにお答えすることができない状況であったため、子会社である弊社に相談がありました。

当初、弊社自体にはアフィリエイトに関する知見が全くない状態でしたので、どのようなことができるのか半信半疑でしたが、お客様とやり取りをする中で弊社がこれまで培ったサービス構築、運用管理の知見や、さくらインターネットが持つ安定した巨大なインフラを組み合わせればよいものができるのではないかという手ごたえを感じまして、弊社の独自サービスとして、前身となるサービスを開発、リリースしました。

そのサービスは、どちらかというとすでにアフィリエイトに取り組まれていて、ある程度の知識のあるかたを想定してご提供していたのですが、これからアフィリエイトを始めようとされているかたが最初に使うサーバーとして、アフィリエイトを提供されるASP自身がサーバーをご紹介または提供できるような仕組みがあれば、もっとすそ野が広がっていくのではないかと考え、インタースペース様にご相談させていただいたのがきっかけとなり、アクセストレードサーバーが誕生いたしました。

■アクセストレードサーバーの特徴を教えてください

アフィリエイター専用のサーバーを開発するにあたり、お客様・パートナー様からも沢山のご意見をいただきました。その中で分かってきたことは、一般的なレンタルサーバーでは、あまり知識のないかたがアフィリエイト活動を行うために、様々な知識を習得する必要があり、言わば、もっと少ない機能で、簡単に操作できるものが必要ではないかということでした。加えて、アフィリエイト活動は、サーバーの安定性が収益に直結することになりますので、低価格であっても高い信頼性が実現できる、専用のネットワーク、サーバー構成が必要だと考えました。その結果、

・安定したデータセンターに、専用に設計されたネットワークとサーバー
・誰でも簡単に触れるコントロールパネル
・アフィリエイトで必要となる操作に特化した、一括操作機能
・国内IPに限定したIP分散機能

を搭載した、全く新しいIP分散サーバーを開発することができました。

安価なサーバーや立ち上げが簡単なサーバー、また機能が多岐に渡るサーバーはすでに存在しますが、アクセストレードサーバーはアフィリエイターが継続的にアフィリエイト活動を行うためのサーバーを指針として開発しています。機能を最小限に留めたのもそのためで、例えばスタッフのかたへの使用方法の伝達といった派生する作業コストも抑えられるよう設計されています。

■アクセストレードサーバーの特徴のひとつであるIP分散について詳しく教えてください

リンク集やディレクトリ型から始まったWebサイトのリンク情報の共有は、サーチエンジンの誕生により劇的に変化しました。それまでは人力でリストを集めていたところが、クローラーと呼ばれる自動収集プログラムに置き換わったことにより、検索キーワードに関連した世界中のWebサイトにアクセスすることができるようになりました。

それに伴って、それまでは「信頼のあるかたから紹介されたWebサイト」という、信頼性の担保がありましたが、自動化されたことにより、期待しないサイトであったり、不正な情報が掲載されたサイトであったりと、情報の精度が問題となってきました。

そこでGoogleも、まずはユーザーにとって有益で良いコンテンツであることが最も重要である、という姿勢に変化してきています。そのような良いコンテンツを掲載しているWebサイトからリンクを張られているサイトであれば、信頼できる有益サイトである可能性が高いはずである、という考えの下に、サーチエンジンで検索した場合の掲載順序をコントロールする等の改良を継続的に行っています。

このような、サーチエンジン側が「良いコンテンツをユーザーに届けよう」という目的で行っている施策に対して、それに沿った形でコンテンツやサーバー環境を整え、サーチエンジンがそのサイトの有益さを理解しやすいようにしていこうというのがSEO(サーチエンジン最適化)というものになります。

実際には、サーチエンジン側が行っている施策は殆どがブラックボックスであり、どのようにすれば最適化できるのか、ということについては明言されていませんが、Googleが取得している特許等から、前述のWebサイト間のリンクの信頼性(PageRank)による判断等は行われているだろうとされています。

また、中にはユーザーにとって有益なコンテンツではないのに、SEOの施策だけを行ってサーチエンジン最適化を行うサイト運営者も存在し、それらはスパムサイトと呼ばれます。このようなサイトでは、同一のサーバー(IPアドレス)に沢山のサイトが存在しており、その相互間でリンクを貼りあうという特徴があったため、Googleでも上記の条件に合致するサイトは、通常のサイトよりもスパムサイトである可能性が高いと考え、対策を行っているのではないかとされています。

実際のサイト運営においては前述のような構成は珍しくはなく、一般的な構成です。ただし前述したとおり、せっかく有益なサイトを運営していても、スパムサイトと誤認されることが少なからずあります。そこで良いアフィリエイトコンテンツサイトを運営するための機能としてユーザー側でサイト構成に合わせてIPアドレスを複数取得し、サイトをそれぞれのIPに配置できるように開発されたのが、「IP分散」機能となります。

IP分散機能を提供していないレンタルサーバーでは、たくさんのサイトを設置できる機能があってもそれらは全て同じIPアドレスで公開されることとなり、スパムサイトと誤認される可能性は否定できません。
異なるレンタルサーバーの事業者の複数サーバーを借りることで、IPを分散してサイトを配置し、回避することもできますが、複数のサーバーを使い分ける労力や、操作方法の異なるコントロールパネルを使わなければならない等、アフィリエイトサイトの運営者にとっては大きな負担となっていると感じていました。

そこで、アクセストレードサーバーでは、使いやすいコントロールパネルで複数のサーバーやIPアドレスを管理でき、さらにそれらのサーバーに対してドメインの設置を一括で行える等、IP分散機能を活かしたSEO対策を簡単に行えるようになっております。

■無料独自SSL機能を追加するうえでの開発秘話はありますか

私たちのサービスでは、無料で独自SSLを追加するのは初めてでした。今回の改修を機に今後いろいろなご要望をいただいた際に、迅速、柔軟に対応できるような設計を意識いたしました。

また元のサービスも簡単に操作できることを非常に重視しているので、独自SSLの対応についてもボタンをクリックするだけで、誰でも簡単に設置できることを目指して設計しました。

■サポート体制で力を入れていることはありますか

監視基盤を自分たちで構築しており、起こりうるトラブルに対して様々なポイントを監視しています。また初期状態でどれだけ早く異常に気が付くことができるかを重要視しております。

また今回アクセストレードサーバーはアフィリエイトサイトを構築しやすい機能に絞っているため、そもそもトラブルが起きうる箇所が少ないという意味でもリスクを最小限にとどめていると言えるのではないかと思います。

■サーバーを運営するうえで大事にしていることはなんですか

私たち事業者は、サーバー環境を「インフラ」と呼んでおります。

インフラとは、交通網であったり、電気、ガス、水道等、まさにライフラインとなって、そのかたや事業を支える存在である必要がありますので、まずは動作し続けること、そして、その存在を忘れられるくらい信頼されるものであることを目標にして、事業を行っております。

産業としては歴史の短いITは、まだまだお客様の期待を超える性能や安定性を満たせていない部分がありますが、これからのビジネスを支える基盤であることは間違いありません。

その中で、個人や中小企業のように、ITに十分な投資ができないお客様であっても、リーズナブルでありながらそのビジネスを支えられるインフラを提供し続けたいと思っています。

■どのような方に利用いただきたいですか

私たちはレンタルサーバーサービスの提供当初から、誰にでも簡単に操作できるサービスであることを重視しています。これまでサーバーを触ったことがないかたや、他社で使っていたけど難しく感じていたかた、楽に管理したいかた等にご利用いただきたいと考えています。

株式会社Joe'sクラウドコンピューティング 取締役

緒方 俊輔 (オガタ シュンスケ)

スモールビジネスの経営を支援するサービスの企画、運営等に従事。エンジニア出身で、 ACCESSTRADE SERVERの前身となったサービスではサービス企画から設計、実装も担当。 アフィリエイトというビジネス活動全体を効率化するサービスを通じてお客様のビジネスを 成功に導くことを目的に、サービスの改善やプロモーション、セミナー等の普及活動に日々尽力している。

同じ著者の記事

関連コンテンツ

ご注意ください

  • ・本ページの内容は、2018/05/21更新時点の情報です。更新日より期間が経過している場合など、状況により現在の情報とは異なる可能性があります。
  • ・一部、体験談などの執筆者の個人的な意見、株式会社インタースペース(アクセストレード)以外が提供するサービスの紹介が含まれる場合があります。情報の内容には十分に注意しておりますが、万が一、損害やトラブルが生じた場合は責任を負いかねますので、内容を御確認のうえ、ご自身の判断のもとでご利用ください。
  • ・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。