アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

アフィリエイト用語集

キーワード検索
頭文字検索

「W」検索結果

Webアクセシビリティ

アクセシビリティ

WEBサイト

WEBサイトとは、インターネットWorld Wide Web)上にひとまとまりとなって公開されているWEBページの集まり、またはそのインターネット上での場所を表します。単に「サイト」と略されることも多くなってきています。(=Web Site、ウェブサイト)

WEBサイトは、入り口であるホームページ(トップページ、メインページ、インデックスページ)と、サイトを構成するリンクで連結されたWEBページ、画像ファイルなどから成り立っています。

アフィリエイトにおいては、個人(または法人)の運営するこのWEBサイトをアクセストレードなどのアフィリエイトASPに登録することで、アフィリエイト広告の掲載(配信)が可能となっています。

WEBサーバ

WEBブラウザで表示するHTMLファイルや画像データなどを送信するサーバのこと。「WWW(World Wide Web)サーバ」や「HTTPサーバ」と呼ばれることもあります。(=WEBサーバー)

WEBサーバは、WEBブラウザでURLが指定されると、情報を送信します。つまり、WEBサイト(ページ)を構築するうえで、WEBサーバは必須要素のひとつであるといえます。

独自ドメインでアフィリエイトサイトを開設する際、一般的にレンタルサーバー(ホスティングサービス)を利用することが多い。サーバ側の管理やメンテナンスを専門業者にまかせることで、アフィリエイターはサイトの制作、内容(コンテンツ)の作成・更新に専念できるというメリットがあります。

また、サーバソフトウェアが入っているPCがあれば物理的には個人でもWEBサーバの構築は可能です。WEBサーバとしての前提条件は以下の2点です。
・グローバルIPアドレスが固定で割り当てられていて、インターネットに常時接続されていること
・サーバソフトウェアがインストールされていて、常時起動中であること

WEBサーバは運用上、安定性や安全性が重要ですので、用途によってどのレンタルサーバを利用するか(あるいは自前で構築するか)を検討する必要があります。そのため、商用のECサイトなどを運営する際は、サーバ専用に設計されたサーバコンピュータを用いるのが好ましいといえます。

▼参考サイト(外部リンク)
サーバソフトウェアの代表的なものに、下記リンクのオープンソースのApache(アパッチ)やMicrosoftのIIS(アイアイエス)があります。
Apache HTTP server project(英語サイト)
Microsoft Windows Server

WEBブラウザ

WEBブラウザとは、インターネットWorld Wide Web)上のWEBページを閲覧するためのアプリケーションソフトです。(=ブラウザ)

WEBブラウザは、HTMLファイルや画像ファイルなどを読み込んで解析して表示させています。

2014年現在、主要なブラウザは「Internet Explorer(IE)」、「Google Chrome」、「Firefox」、「Safari」となっています。

▼参考サイト(外部リンク)
Internet Explorer(IE)
Google Chrome
Firefox
Safari

WEBページ

WEBページとは、インターネットWorld Wide Web)上に公開されている個々の文書を表します。単に「ページ」と略されることも、今日では多くなってきました。(=Web Page、ウェブページ)

WEBページはHTMLファイルや画像ファイルなどで構成され、一般的にWEBブラウザを使用して閲覧されます。

また、WEBページが集まって意味のあるまとまりとなっているものをWEBサイトと呼びます。

World Wide Web

世界中からアクセスすることが可能な、インターネット上の情報。WWWはその略。(=WEB、ウェブ)World Wide Webは、日本語に直訳すると「世界に広がる蜘蛛の巣」を意味します。