アフィリエイト始めるなら初心者にもやさしいアクセストレード

お問い合わせ

リダイレクト

WEBサイトを閲覧する際、指定したWEBページから自動的に他のWEBページに転送されること。 リダイレクト(Redirect)の代表的な手法として、HTTPリダイレクトがあります。

HTTPリダイレクとは

WEBサイトにおけるリダイレクトには、上記のHTTPリダイレクトのほかに、metaタグによるリダイレクトがあります。 HTMLのhead要素のhttp-equiv属性の値に"refresh" を記述する方法で、content属性でファイルを読み込んでから何秒後に転送させるかを指定します。記述の例は下記のとおり。

<META HTTP-EQUIV="Refresh" CONTENT="5; URL=https://ここに転送先のアドレスを入力/">

※上記は5秒後の転送が指定されており、「5」を「0」に変更すると0秒後(すぐに転送)になります。

このmetaタグによるリダイレクトは、WEBサーバ上の設定が不要(HTML上に記述するのみ)なので、比較的簡単に設定することができます。 しかし、WEBブラウザの設定によっては動作しないことも考えられます。そのため、HTTPリダイレクトを設定したほうがより確実に転送できるといえます。

アクセストレードでアフィリエイトをはじめよう!
無料新規パートナー登録