アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

アフィリエイトとは

アフィリエイトが支持されているのは、広告費の支払い形態

通常、インターネットに限らず広告は「枠」に対し掲載料を支払います。もちろん一定期間の掲載は担保されますが、期待する効果が無かった場合でも費用が発生します。

しかし、アフィリエイト広告は、商品購入やサービス申込などの「目的とする成果」があった場合のみ、その件数(あるいは金額)に応じて費用が発生する仕組みです。実際に効果があった分だけ、成果報酬として広告費を支払えばいいのです。
その報酬額も自由に設定でき、無理のない範囲で広告出稿を行えるのが、「費用対効果が高い」広告と呼ばれる理由です。

今やインターネット広告出稿の際には、成果報酬型の広告として、主たる選択肢のひとつとなったアフィリエイト広告。費用対効果が高く、個別に条件などをカスタマイズ可能であることから、中小企業~大手企業まで幅広く導入されています。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトは掲載媒体とのマッチングが重要なポイント

アクセストレードは、アフィリエイト掲載が可能な媒体ネットワークを保有し、希望条件に合致する媒体と効率よく巡り合せるシステムを構築しています。
いかに費用対効果が高くてもアフィリエイト広告を出稿する際に、1媒体(サイト)ずつ契約を結ぶのは、とても手間と時間がかかり非効率です。
しかし、アクセストレードを利用することで、より効率よくアフィリエイト広告を掲載することが可能になります。

アフィリエイトを活用して、売上の拡大を図っていきませんか?

アフィリエイト広告出稿のメリット

アフィリエイトで広告掲載すると、成果が発生した分の費用請求だから安心

成果報酬型だから費用対効果はバツグン!

純広告などの固定費で広告掲載して失敗したことはありませんか?アフィリエイトなら、発生した成果分の費用請求だから安心です!
アクセストレードでは、現在御社が行っているプロモーションを見直し、アフィリエイトを含めた最適な広告プランニングをご要望に合わせて実施します。

報酬額も、成果の条件も決められます

広告掲載条件を自由に設定できる!

商品やサービスによって、報酬額の相場や成果条件は異なります。アクセストレードでは、御社に合った報酬や成果条件を自由に設定することができます。
迷われた時には、アクセストレードが市場分析や事例をもとにサポートします!「目安となる額や条件が知りたい」など、疑問やお悩みはお気軽にお問い合わせください。

希望条件に合った媒体を選べます

広告掲載媒体(サイト)を選べる!

商品やサービスによって成果のでる媒体(サイト)は異なります。御社の商品やサービスに合った媒体(サイト)をお選びください。
どのような媒体に掲載できれば効果的なプロモーションが可能か、そのためには どのような設定にすればよいのかなど、選択に困った時には、アクセストレードが蓄積するノウハウから最適な条件をご紹介します。

多岐に渡る広告プランニングも可能

老舗アフィリエイトサービス「アクセストレード」を運営する株式会社インタースペースは、リアル店舗型アフィリエイト、DSPサービスなどの、広告効果の最大化を図るためのサービスも拡充し展開しています。

御社の要望に合わせたプランニングや、アフィリエイトを中心とした広告出稿における投資利益率(ROI)の最適化をお手伝いすることができます。

時には、アフィリエイトを含めた広告プロモーション全体に携わることも!
広告出稿のお悩みは、ぜひお気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちら

その他のサービス

老舗アフィリエイトサービス「アクセストレード」を運営する株式会社インタースペースのその他のサービスを紹介します。リアル店舗型アフィリエイトなどの、広告効果の最大化を図るためのサービスを拡充し展開しています。

携帯電話販売店を中心としたリアル店舗型ネットワーク広告

ストアフロントアフィリエイト

ストアフロントアフィリエイト

ショップメディア(店舗)に特化した、リアルネットワークでプロモーションを実施できる成果報酬型サービス。幅広いユーザーに、対面して商品やサービスの紹介を、対面して行うことが可能です。
また、エリア、性別、年齢のセグメンテーションも可能なので、希望するターゲット層に着実にアプローチすることができます。

ストアフロントは、携帯販売店をはじめとする多種多様な店舗が参加する国内最大級のネットワークを保持しています。

あらゆるシーンでユーザーとの接点をつくるストアフロントアフィリエイトを、広告プロモーションのひとつに加えてみませんか?