アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

SEM関連

ブラックアフィリエイターの順位計測をした結果wwww《河井大志アフィリ論21》

情報更新日:2016/07/27

株式会社Smartaleck 代表取締役

河井 大志(カワイ ダイシ)

●前回の復習

前回は、テレビCMの商品情報をアフィリエイトに活かす方法をご紹介しました。

今回は、SEO対策としてGoogleが認めていない被リンクスパムを行ったブラックアフィリエイターがどのような結果になるのか、実際の例をもとに見ていきたいと思います。

●アフィリエイト活動を再開

色々わけあって、弊社がアフィリエイト活動を再開することになりました。

理由は、公式サイトに書かせていただいたとおりです。

また、実際のアフィリエイト状況についても、サイト上の「アフィリエイト実績」のカテゴリーで公開していきます。

興味があれば、更新を確認してみてください。

そして改めて、アフィリエイトできる分野の検索エンジンの傾向は、やはり一般的な分野とはちょっと違うなと思ったので、今回はそれをご紹介します。

●一般的な分野とアフィリエイトできる分野のSEO対策

基本的に、アフィリエイターがいない、企業のみがSEO対策しているような分野は、時代遅れの被リンクを送るSEO対策をしていない傾向が強いです。

よって、弊社がコンサルティングしているサイトや、自社が運営しているサイトの検索順位を上げるには、少しずつ少しずつ上げて行く必要があることが多いです。

逆に、アフィリエイターがたくさんいる分野は、被リンクを使って上位表示しているサイトを、いまだ多く見かけます。この場合、一時的になかなか順位が上がらないということが度々あります。

でも、そういったブラックなSEO対策をしている人たちは、サクッとペナルティを受けることも多く、反対に助かることがあるのもまた事実です。

●おもしろい事例

この画像を見ていただきたいのですが・・・

これは、弊社のアフィリエイトサイトのなかの、あるキーワードの検索順位の推移です。

記事を書き、5月31日にインデックスされ、2位を獲得しました。

公開はしていませんがASP担当者さんから紹介してもらったキーワードで、アフィリエイト報酬があがりそうだったので即効で書いた記事です。

そして、5月31日に2位でインデックスしていた記事ですが、6月10日〜27日の約2週間のあいだ順位が下降しました。

理由は明確です。

きっと、ASP担当者はそのキーワードを他のアフィリエイターさんにも言っていたのでしょう。なので、そのキーワードで上位表示を狙うアフィリエイターが増えたんですね。

そして、(順位が下がり始めた時に)自社のサイトより上位のサイトを見てみると・・・

ペラサイトが多く、コンテンツもワードサラダで作られておりツールで自動生成された文章でした。そして、どれも被リンクを送っているサイトばかり。

というわけで、「一安心」したのです。

なぜなら、どうせそのようなサイトは、いずれペナルティを受けてサクッといなくなってくれるからです。

予想どおり、弊社の際とは6月28日には3位に戻り、その後は1位〜3位をウロウロしています。

検索ページを見ると、被リンクを送っているサイトはなくなり、コンテンツマーケティングを仕掛けているサイトだけになっています。

つまり、被リンクを送っていたサイトは一掃されたのです。さすがGoogle。笑

●ブラックアフィリエイターの稼いだ金額

ブラックアフィリエイターたちは、約2週間検索ページ上位にいました。ご紹介したキーワードは波があり、収益は1日3,000円〜18,000円ほどです。

平均すると、1日1万くらい稼いでくれるワードです。(ちょうど記事執筆をしている7月18日の時点で18万5千円の収益が発生。)

とうことは、ブラックアフィリエイターは17万円ほど稼いだことになります。

そして、ホワイトな僕はと言えば、この記事のおかげで今月30万円は稼ぐことになりそうです。

何もしないで上位表示し続けることはできませんが、定期的に記事更新をすれば、ほぼ間違いなく年間通じて上位表示できます。

この記事1つだけで、360万円の収益を得ることができるのです。

と考えると、

ブラックアフィリエイター:17万円
ホワイトな弊社:360万円

なんと、343万円も年間所得に差が出る計算になります。

そしてもう1つ。

ブラックアフィリエイターは、下記のような手法を用いるのでお金がかかります。

・被リンク構築のためのドメイン費用
・IP分散させるためのサーバー費用
・被リンクツールを使うなら、そのツール代金
・ペラページ内に入れるサブ記事の制作費用
・ペラサイトのドメイン取得費用
・ペラサイトのためのサーバー代金

大量のペラサイトを作っていれば、確かにコスト削減できるでしょうが、原価はあります。

しかし、ホワイトなサイトを運営し、1つの記事で上げる場合は、

・そのキーワードで上位表示するための記事を書く

です。

基本的に、お金はかかりません。(ライターにお願いする場合は別ですが。)

●まとめ

この記事の目的は、ホワイトなアフィリエイターさん・これからアフィリエイトしたいと思っている人に安心してもらうことです。

確かに、多くのライバルはブラックな手法で稼ごうと、がんばっているかもしれません。

その姿を見ると、「お金がないと無理」「SEOの高度な技術がないと無理」と勘違いしてしまうことも、あるかもしれません。

しかし、実はそんなことないのです。

私が運営しているサイトは、毎日コツコツと記事を入れているだけです。

そして、このアフィリエイト大学で書いている内容を、「当たり前のように」やっているだけなのです。

キチンとした記事を書き、それだけでなくホワイトな被リンク対策も頭に入れて、素直にサイト運営していけば、稼げます。

ホワイトな手法でアフィリエイトをしようと思うと、ブラックアフィリエイターのように単発的な小銭は稼げません。

少なくても6カ月〜12か月はかかります。

しかし、ちゃんと運営していれば、月50万〜200万という金額を安定的に稼ぐのは普通です。この収益は「単発的な小銭」ではありません。

1つのビジネスとして確立する収益です。

なので、気後れすることなく、がんばってください!

株式会社Smartaleck 代表取締役

河井 大志(カワイ ダイシ)

SEO対策コンサルタント、アフィリエイター支援事業を展開。著書に「SEO対策 検索上位サイトの法則52」「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」がある。 【公式サイト】株式会社Smartaleck 【公式ブログ】河井大志 公式ブログ

同じ著者の記事

関連コンテンツ

ご注意ください

  • ・本ページの内容は、2016/07/27更新時点の情報です。更新日より期間が経過している場合など、状況により現在の情報とは異なる可能性があります。
  • ・一部、体験談などの執筆者の個人的な意見、株式会社インタースペース(アクセストレード)以外が提供するサービスの紹介が含まれる場合があります。情報の内容には十分に注意しておりますが、万が一、損害やトラブルが生じた場合は責任を負いかねますので、内容を御確認のうえ、ご自身の判断のもとでご利用ください。
  • ・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。