アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

SEM関連

自分の記事が「合格」か「不合格」かの見極めかた。《河井大志アフィリ論17》

情報更新日:2016/05/04

株式会社Smartaleck 代表取締役

河井 大志(カワイ ダイシ)

●前回の復習

これまでの記事でサイト構築〜コンテンツ勝負でSEO対策できるようになるまでをお話し、前回の記事ではサイト作成ツールの選びかたについて取り上げました。

では今回は、皆さんの記事が「合格」なのか「不合格」なのかを見極める方法をご紹介したいと思います。

●インデックスされた時の順位で見極める

まず、弊社の判断基準ですが、
インデックスされた時の順位が
 30位以内なら、TOP 5まで上位表示する最優秀な記事
 50位以内なら、TOP10まで上位表示する 優秀な記事
と判断します。

インデックスされた時の順位とは、初めて順位が付いた時のことです。

弊社では、各記事を様々なキーワードで順位チェックしており、現状数千というキーワードを記事投稿時からチェックしています。

その結果、
初回のインデックス順位が
 30位以内で、TOP 5にくる可能性が 100%
 50位以内で、TOP10にくる可能性が約98%
であることが分かっています。
(株式会社Smartaleck調べ、2016/05/04現在)

●なぜ順位は上がってくるのか

初めてページが順位付けされた後、徐々に順位は上がるのは、なぜでしょうか?

弊社のデータでは、
非常にニッチなキーワードであれば、1ヶ月程度でTOP10入り
複合キーワードであれば、2ヶ月〜3ヶ月程度でTOP10入り
しています。

それには、様々な要因が考えられます。

例えば、
・Googleロボットが、ページ自体の評価を何度も再考している
・そのページへの被リンクが増えている
・サイト全体のSEO価値が高くなっている(被リンク数増加・ドメイン年齢など)
・ページ滞在時間や直帰率を計測し、順位を再考(更新)している
・その他のページの評価が落ちている
などです。

●「不合格」の時の対処の仕方

逆に、初回インデックス時の順位が50位以下のものでその後TOP10入りしたキーワードは、残念ながら全体で3キーワードのみです。

つまり、初回インデックスが50位以下だった記事は「不合格」と考えてよいでしょう。

もちろん3つの例外もありますし、長期的にみれば上位表示される可能性もゼロではありません。

だいたいの記事は11位〜20位あたりをウロウロしているものですが、もっと長く計測すれば順位が上がるかも知れないからです。

しかしながら、いつ上位表示されるか分からないような状態では、集客は見込めません。

その時の対処法は、おもに2つです。

1つ目は、アフィリ論14で話したホワイトな被リンク対策を行うというものです。

上がってこないページにだけ対策をするのではなく、全ページ、こつこつと対策をすることによってサイト全体のSEO価値が上昇し、それらの影響で各記事の評価も底上げされます。

そして、一番手っ取り早いのは「記事の加筆修正」です。

弊社が50位以下にインデックスされる理由として考えているのは、下記の通りです。

「検索意図を満たせていない」
もしくは
「検索意図を読み間違えている」


「検索意図を満たせていない」

というのは、
他のサイトの記事のほうが検索意図を満たしているため
自分の記事が上位表示されづらいという状況です。

この場合、ライバルサイトの記事を見て
・不足している部分を補う
・ライバルサイトには書かれていないことも書く
ということを行います。

そして、滞在時間を伸ばし、直帰率を下げるために
・記事の出だしをキャッチーなものにする
・他の記事への内部リンクをつける
などの修正も行います。


「検索意図を読み間違えている」

と言う場合は
そもそもの記事を大幅変更する必要があります。

例えば
「リンゴ」の検索意図が
「たくさんのリンゴを比較していいリンゴを購入したい!」
というものなのに
「リンゴ栽培方法や集客されている地域の紹介」をした記事を書いても上位表示はされづらいです。

まずは検索意図の再考からスタートです。

●検索意図を読み間違えている場合でも・・・

弊社の公式サイトで
「ブログ 収入」というワードで狙っている記事で、
初回インデックスが51位、
現在でも12位〜20位の間をウロウロしているものがあります。

この記事も、50位以下の記事は不合格の例に当てはまります。

しかし色々知らべてみると、
この記事は
「アフィリエイトブログ」で3位〜5位
「ブログアフィリエイト」で3位〜5位
という順位を付けていることが判明しました。

このように
弊社が
「この記事は『ブログ 収入』の検索意図を満たしている!!」
と判断していても

Google様は
「この記事は『ブログ 収入』の検索意図を満たしていない!!『アフィリエイトブログ』または『ブログアフィリエイト』の検索意図を満たしているのだ!!」

という場合もあります。

このようなことが起こっていないか確認をするために、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールもしっかりとチェックをしましょう。

株式会社Smartaleck 代表取締役

河井 大志(カワイ ダイシ)

SEO対策コンサルタント、アフィリエイター支援事業を展開。著書に「SEO対策 検索上位サイトの法則52」「アフィリエイト報酬アップの絶対法則61」がある。 【公式サイト】株式会社Smartaleck 【公式ブログ】河井大志 公式ブログ

同じ著者の記事

関連コンテンツ

ご注意ください

  • ・本ページの内容は、2016/05/04更新時点の情報です。更新日より期間が経過している場合など、状況により現在の情報とは異なる可能性があります。
  • ・一部、体験談などの執筆者の個人的な意見、株式会社インタースペース(アクセストレード)以外が提供するサービスの紹介が含まれる場合があります。情報の内容には十分に注意しておりますが、万が一、損害やトラブルが生じた場合は責任を負いかねますので、内容を御確認のうえ、ご自身の判断のもとでご利用ください。
  • ・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。