会員登録 ログイン ホーム

■SIMロック解除の義務化から1年。拡がる市場!

2015年5月にSIMカードロック解除が義務化されてから、1年あまり経ちました。一般に認知されていなかった「格安SIM」や「格安スマホ」も今ではTVCMなど、さまざまなメディアで見かけるようになりましたね。

人気が高まっている背景として、月々の携帯電話料金を安く抑えたい利用者の増加があります。
また、携帯キャリア(ドコモなどの携帯電話事業者)に対し、総務省がスマホ実質0円禁止要請を行ったことも人気を助長する要因となりました。

これらに加え、新規参入の各社が格安プラン競争を繰り広げていることも追い風となり、大きな盛り上がりをみせているのです。

結果として、MVNOサービス契約数は2015年末時点で前年比の約2倍に増加、これからもさらなる伸びが予測されています。

これからアフィリエイトを始めるかた、ジャンルを広げたいと考えているかた、今取り組むなら今後も市場規模の拡大が予想できるこのジャンルがオススメですよ!

でも、格安SIMが従来の携帯キャリア契約と比べて何がよいのか、利用者にとってのメリットはなにかを理解できないと、アフィリエイトで紹介ができないと思います。

そんな疑問にお答えすべく、今回は話題の格安SIMについてポイントごとに説明します。
「格安SIMって言葉は聞いたことあるけど、よくわからない」そんなかたにもわかりやすく紹介していますので、ぜひご参考ください。

格安SIMのプログラムが多数!節約特集

■SIMフリー端末を使うメリットについて

昨年はSIMフリー元年と言われ、世間一般への広がりをみせました。

しかし、「格安SIMって何??」というかたや、なんとなく理解はしているけど「携帯料金が格安になるかわりに、なにかあるはず!」なんて疑っているかたも、まだまだ多いのではないでしょうか。

そんなかたに向けて、格安SIMの基本から説明していきます

※SIMカードについては、こちらでも説明しています。あわせてご確認ください。
新たな市場でトレンド需要を見込む「SIMフリー」に注目

●そもそも格安SIMとは
格安SIMとは、MVNO※が大手携帯キャリアに比べ低価格で提供しているSIMカードのことです。
※Mobile Virtual Network Operatorの略。

MVNOとは、携帯キャリアから回線インフラをレンタルし、音声やデータの通信サービスを提供する事業者のことです。

MVNOが誕生する以前は、携帯電話事業への参入は多大なコストを要し、電波を扱う免許が必要など、ハードルは非常に高いものでした。
そのため、大手3社だけの独占状態が続いており、大きな価格競争はなく、日本の携帯料金は世界的にみても高いと言われてきました。
こういった経緯から、独占状態の携帯電話市場を自由化し競争をうながすことを狙いとして、事業者への回線の開放を進めMVNOが誕生したのです。

最近では、通信業界以外の企業も大手携帯キャリアから回線を借りて、さまざまなサービスを提供してます。これらのMVNOが提供するサービスは、大手携帯キャリアよりも、安く音声通話やインターネットを利用できるので「格安SIM(スマホ)」と呼ばれています。


●なぜ格安で提供できるのか?
格安SIMの最大のメリットは、大手携帯キャリアに比べて月額料金を半額以下で利用できることです。なぜ格安で提供できるのか、大きく分けて3つの理由があります。

(1)回線設備コストをユーザーに還元
MVNO事業者は携帯キャリアから回線インフラをレンタルしてサービスを提供しているため、設備への投資や回収、メンテナンスによるコストが生じません。その分、携帯料金を格安で提供しているのです。

(2)価格競争による相場の構築
数多くの企業がMVNOに参入したなかで、特定の企業が新価格・新プランを発表すると、そこに各社が追随してきました。その後、データ容量が増えたり、価格が下がったりと各社が競り合ったのちに相場ができあがり、格安での提供が浸透しました。

(3)ユーザーのニーズに合わせた料金プラン
頻繁に電話をかけるかたに最適な「音声通話プラン」や、2台持ちなどで通話は不要というかた向けの「データ通信専用プラン」など、ユーザーあったシンプルな料金プランの選択が可能です。不要なサービスを付加しないので、料金を抑えて利用できるのです。

■ターゲットは明確。ライトユーザーを狙え!

ここまで格安SIMについての利点を説明してきました。続いて、ターゲットとなるユーザーについて考えていきたいと思います。

前項でも説明しましたが、格安SIMの最大のメリットは月額料金の安さです。これから格安SIMに変更しようと思っているユーザーは、現状よりも料金が安くなることを求めています。

MVNOは大手携帯キャリアと比べて、月のデータ通信容量を小刻みに選択できます。
月額料金を今より安くするためには、現状どのくらいのデータ通信量を使用しているのか見極めたうえで最適なプランを選択してもらうことが大事です。

例えば・・・
・インターネットはSNS程度の利用のみ
・自宅ではWi-Fi環境あり
・月々の利用データ通信量は1GB以内

上記のようなかたは、基本料金1,500〜2,500円程度で格安SIMを利用できます。
(※MVNOにより異なります。)
現状キャリアに5,000円以上支払っているとしたら、驚くほど安くなるんです!

このような例をあげて、「格安SIMに変えたことで、現状よりも○○円安くなる!」といった紹介をすると、シンプルでわかりやすいですよね。

ある調査によると、スマホ利用者の約6割は、月のデータ通信量は3GB未満という結果が出ているそうです。つまり、毎月キャリアの使い放題プランを契約していても、半数以上のユーザーは実際そこまでデータ通信を利用していない、ということです。

スマホ利用者の約半数を占めるライトユーザーの皆さんは、格安SIMに変えることで現状よりも料金が安くなる可能性があるのです。アフィリエイターにとっては、まさに宝の山ですね!

ライトユーザーをターゲットに、現状よりも大幅にスマホ利用料を安くできることを紹介することが、格安SIMジャンル成功の近道といえますよ。


実はまだ、格安SIMの市場規模は、モバイル市場全体の数%程度です。しかし、冒頭でもお伝えしたとおり、市場は急成長を遂げており今後も年々伸びていくことが予測されています。
今、アフィリエイトサイトを作れば、市場の伸長にあわせてユーザーは増えていき、多くの成果を上げられるサイトになるかもしれません。
ぜひこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

SIMプログラムを一括提携する

関連コンテンツ

アクセストレードトップページへ