アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

SEM関連

SEOの体験談-2012年2月版

情報更新日:2011/02/21

株式会社ネットピコ 代表取締役

中野 貴利人 (ナカノ キリト)

こんにちは!株式会社ネットピコの中野です。
これまでのコラムでは、私自身がアフィリエイトで経験した失敗談や、キーワード選びの体験談を紹介してきました。

今回もリアルな体験談をお届けします。テーマは「SEOの体験談(2012年2月版)」です。
SEOは曖昧(あいまい)な部分が多いですし、情報も劣化しやすいです。
そもそも、Googleの特許を解析しても、「○○すれば順位が上がる」といった明確な情報は公開されていません。

だからこそ、SEOに関する著名人の考え方や、運営者が積み上げてきた体験談は、限りある情報源になります。

自分のサイトと比較しながら、「そうかもしれない」や「それは違うだろう」と判断していただければ幸いです。

今回、全2回にわたってご紹介させていただくのは、下記の内容です。

  •   ◆ 体験談1 「SEOはキーワードとコンテンツ!話はそれから」
  •   ◆ 体験談2 「中古ドメインで順位は上がるけど、急落あり」
  •   ◆ 体験談3 「順位下落リスクを避けるためにAdSenseを撤去」

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

◆ 体験談1 「SEOはキーワードとコンテンツ!話はそれから」

もし「シンプルに順位を上げる方法は?」と質問されたら、私は
「ユーザーを第一に考えた良質なコンテンツを作ること」と答えます。

SEOで大事なのはキーワードとコンテンツです。

逆に「順位が上がらない」サイトを見ると、大抵はコンテンツが乏しかったりします。
正確に言うと、狙ったキーワードに関連する記事に対して、

  • (1)オリジナリティがないコンテンツ
  • (2)内容が面白くないコンテンツ
  • (3)ボリュームが少ないコンテンツ
といった、負の三拍子が揃っているわけです。

私がサイトを作るときは、「そのキーワードに関しては日本一役立つサイトを作ろう」と思っています。
ユーザーが知りたいことを提供できるよう、かなりがんばります。

そうすると、今のGoogleは評価してくれます!

例えば、下記のような経験があります。

  •   ・2011年9月に新規ドメインを取得
  •   ・被リンク0個
  •   ・対象キーワードの月間検索回数135,000回(Googleキーワードツール)
  •   ・ページ数100ページ以上

2011年09月100位以下
2011年10月100位以下
2011年11月100位以下
2011年12月86位
2012年01月63位
2012年02月53位、と徐々に上がってきました。

結構なボリュームのオリジナルコンテンツを入れると、自分が想定していないキーワードからも流入が増えます。

ニッチなキーワードからのアクセス数が伸びてから、徐々にメインのキーワードで順位が上がってくるといった順番です。

そこでバックリンクを集めます!!!個人的には200位以内あたりに入ってきてから、 無料ブログや相互リンクなどからリンクを貰い、100位以内などに上昇したり、 順位が伸び悩んできたら一般的なサイトから強めのリンクを受け取ります。

この方法は「Googleはバックリンクが付くタイミングを見ている」と思っているからです。

「リンクの増加率を考える」ことは知られていますが、加えて、コンテンツとの関連性も重視したいです。

例えば、「記事を増やしたあとにバックリンクを付ける」など、タイミングを意識すると、 また少し順位が変わってくるはずです。


株式会社ネットピコ 代表取締役

中野 貴利人 (ナカノ キリト)

2005年から副業でアフィリエイトを開始。2007年に本業を辞めて独立。副業をテーマにしたサイトが、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」やTBS「がっちりマンデー」のほか、ニューヨーク・タイムズ国際版、朝日新聞でも取り上げられる。日経WOMAN、AneCan、BIGtomorrow、CIRCUSなど雑誌掲載も多数。

同じ著者の記事

ご注意ください

  • ・本ページの内容は、2011/02/21更新時点の情報です。更新日より期間が経過している場合など、状況により現在の情報とは異なる可能性があります。
  • ・一部、体験談などの執筆者の個人的な意見、株式会社インタースペース(アクセストレード)以外が提供するサービスの紹介が含まれる場合があります。情報の内容には十分に注意しておりますが、万が一、損害やトラブルが生じた場合は責任を負いかねますので、内容を御確認のうえ、ご自身の判断のもとでご利用ください。
  • ・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。