会員登録 ログイン ホーム

こんにちは。株式会社ネットピコの中野です。

これまでのコラムでは、私自身がアフィリエイトで経験した“失敗談”をご紹介してまいりました。

そこで今回は、趣向を変えて「稼げるキーワード選びの体験談」というテーマでお届けしようと思います。

アフィリエイトのノウハウは日進月歩。市販の参考書に書かれている情報には、すでに劣化しているものも多いです。しかし、ベースとなる理論は変わりませんので、ぜひ私の体験談に触れてみてください!

体験談1 「どうやってキーワードを探しているのか?」

アフィリエイトの稼ぎ方は、実にバラエティに富んでいます。

「パソコンorモバイル」
「金融or健康」
「大規模サイトorペラページ」
「SEOorPPC」
「通年型or季節型」
などなど。

各組み合わせによって稼ぎ方は微妙に変化しますが、いずれの場合でも
重要なのは、“キーワードの探し方”です。

例えば、人気のアフィリエイト商材「ウォーターサーバー」を扱いたいとします。
しかし、すでに競合サイトが多いため、 今から着手するとなると「ウォーターサーバー」というキーワードでは苦戦するでしょう。

また、「ウォーターサーバー比較」、「ウォーターサーバー口コミ」といった 複合キーワードでも同じことが言えますし、逆に「東京水素水サーバーレンタル」と 狭めすぎても、需要不足で稼げません。

そこで、広告主やライバルのサイトをジーっと観察するわけです。
体験者のブログやPPC広告の文言なども確認します。
雑誌や新聞、テレビのようなアナログ媒体も役に立ちます。

熟慮の結果、私は「水サーバー」をキーワードに選びました。
Google Ad Wordsによると、月間検索ボリュームは18,100回ほどあります。

5,000回以上もあれば、十分に狙う価値があるキーワードと言えます。
分野によっては、3,000回でも月数万円の報酬獲得につながりますし、 100回でも類似キーワードで10サイト作れば、1,000回分の威力があります。

私はまだ、ウォーターサーバーのアフィリエイト広告に参入していないので、 実際にこのキーワードで2011年内に作ってみようと思っています。

決め手は、検索数の割に「水サーバー」1本で勝負している人がいないことです。
2012年の春夏あたりに月数万円の収入を見込んで、今から仕込み始めます。

体験談2 「デメリットキーワードからの成約率は高い?」

今にも「購入したい」「申し込みたい」人が検索するキーワード、いわゆる“購買意欲が高いキーワード”は、「比較」「口コミ」「ランキング」「体験談」だけではありません。

実は、「デメリット」「欠点」「失敗」などの“デメリットキーワード”が狙い目です。

例えば、単価の高いアフィリエイト広告の「レーシック」であれば、

「レーシック失明」
「レーシック視力低下」
「レーシック痛み」
などです。

※「レーシック 失敗」などはライバルが多いので避けたほうが良いでしょう。

デメリットキーワードが優れている理由は、 ユーザーが「デメリットを探すほど気になっている」という点です。

購買意欲が非常に高まっている状態ですので、あとはデメリットを解決してあげれば、 即成果につながるということも多いのです。

私が「デメリットキーワードが狙い目だ」と気づいたのは、アクセストレードの ログデータをダウンロードし始めた頃からです。

「成果の状況」の「検索結果を表示」にある「下記データをCSVでダウンロード」をクリックすると、 その成果がどのページに貼った広告から発生したものかがわかります。

そのデータを見ると、100ページ以上ある中で、 「○○デメリット」というキーワードで流入したページから発生している成果が、 予想以上の割合を占めていたのです。

皆さんも、ユーザー目線に立って、ページを作成することを心がけると、 隠れたキーワードが見えてくると思いますよ。

関連コンテンツ

アクセストレードトップページへ