アフィリエイトは2001年から運営実績がある安心のアクセストレード

アフィリエイトのアクセストレード

パートナーログイン

ID・パスワードを忘れたかたはこちら

広告主(マーチャント)ログイン

パスワードを忘れたかたはこちら

トレンド情報

増え続けるユーザー!成長めざましい脱毛ジャンル!!

情報更新日:2020/02/18

暖かい日が少しずつ増え、春物のファッションが気になりだす今日この頃ですね(^^)
アフィリエイターの皆さんにとっては、春先から需要が高まるジャンルの掲載準備を始める時期ですね。

そんなみなさんにおすすめなのは、まもなく需要期を迎える脱毛ジャンル!
もはやご存知のかたも多いかもしれませんが、脱毛は一度で完了するものではなく終了までに一定の期間を必要とします。

そのため露出が増える夏をキレイな肌で過ごせるよう、春先から脱毛を始めるかたが多いです。春が目前となったこの時期から徐々に需要が高まってくるので、今から準備を始めるのがオススメです!

また、昨今の脱毛ジャンルの進化のスピードはめまぐるしく、キッズ脱毛などの新たなサービスの需要も高まり始めたことで、ターゲットユーザーの層も拡大しつつあります。

今回はそんな、進化し続ける脱毛ジャンルについてご紹介します。

■この先どうなる?多様化する脱毛ジャンル

さっそく、脱毛ジャンルのトレンドについて紹介していきますね。
まずは、脱毛サロン・クリニックの利用状況をホットペッパービューティーアカデミーのアンケート結果から引用してお伝えしますね。

女性は20〜30代の約45%は利用経験があり、なんと!男性でも20代だと約10%は脱毛経験ありという結果でした。※1

なぜ、このように女性にも男性にも脱毛の利用が広まっているのでしょうか?
その背景には、おトクで安い脱毛プランやキャンペーンの存在が影響しているようです。

みなさんも「全身脱毛まとめて〇万円!」や「今なら好きな部位を選んで〇万円キャンペーン」などの広告やTVCMってよく見かけますよね♪

このようなキャンペーンやCMなどの認知により、金銭面でのハードルや安心感などをユーザーが感じてきたことで、利用が促進されているのではないでしょうか。
私が10年ほど前にサービス利用した時の「ワキ脱毛5万円」なんて、もうあり得ないんだなぁ…と、ちょっと切なくなっちゃいます(笑)。

脱毛サロン・クリニックについてもっと詳しく知りたいかたは、前回のコラムをチェックしてみてください!
↓ 前回の脱毛ジャンルコラムはコチラ ↓
https://member.accesstrade.net/cgi-bin/info.cgi?n=affidai_204&k=p_camp

※1.出典:「株式会社リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー」>「美容業界調査・研究・アンケート」>「美容センサス」>「男女のムダ毛・脱毛に関する意識調査2018」
https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/trade/este/16030/

ここからは、ちょっとニッチな内容を含んだ脱毛のトレンドジャンルを4つ紹介しますね。


[1]メンズ脱毛
男性に対して最大の(?) ほめ言葉が「カッコイイ」だったのは、もはや昔話なのでしょうか。
最近では「キレイ」と言われることの方が嬉しいと感じる人が増えてきているように思います。

実際、インスタグラムなどのSNSに自撮り写真を投稿する男性も増えており、その女性顔負けの美しさでSNSアイドルとして人気者になるケースも珍しくないですよね。
そんな中性的男性が増えている今、ヒゲ脱毛のみならず足や腕、胸などの部位の需要が高まってきているようです。
また美容目的だけにとどまらず、毎朝のヒゲ剃りが面倒で脱毛するユーザーや体毛が極端に多い・ワキガ症など、何らかの悩みを抱えているユーザーの利用とあわせて、今後ますます拡大が期待できるジャンルかもしれません。


[2]キッズ脱毛
「え!子供が脱毛するの?」って思ったそこのアナタ。
私も初めて聞いた時は、まったく同じ感想でしたよ(笑)。
しかし、最近は「そろそろ脱毛をスタートさせようか迷っている」という幼稚園児のママたちの声をチラホラ聞くようになりました。
幼稚園や小学校へ通うようになると、プールや体育の授業で肌を露出する機会が多くなります。
大人は他人の容姿に関してあからさまな発言をすることは少ないですが、子供たちはストレートに口にだしてしまうため、毛深いことがイジメの原因になることもあるようです。
心ない言葉をかけられて積極性を失ってしまうよりは、脱毛をさせて回避したいと思う親心も理解できますよね。
そんな親世代には脱毛経験者が多く、ポジティブなイメージを持っているうえに低価格のサービスが増えているので、これからブームに拍車がかかるかもしれませんよ。


[3]妊活脱毛
将来、出産を望む女性たちが行う妊娠に向けた勉強や準備を妊活といいますが、その1つとして脱毛が注目されています。

具体的にはVIOと言われるデリケートゾーンをきれいにして、分娩台での恥ずかしさやニオイへの対策をすることが目的です。
また、VIO脱毛にはムレ・かぶれ、雑菌の繁殖を予防する効果があり、大切な赤ちゃんの通り道でもある場所を清潔に保てるので理にかなっているのかもしれません。

そして、出産してからは子育てに追われる日々が待っているので、ママたちが自分のことに費やせる時間は大幅に減ってしまいますよね(>_<)
妊娠前に脱毛を完了させておくことで、ムダ毛処理の手間から解放されるというメリットもありそうです。


[4]終活脱毛
妊活同様、耳にすることが多くなった「終活」も〇〇活の1つとしてスタンダードになりつつあります。
具体的には、お墓の事前購入やどんなお葬式にするかを決めておくなど人生を締めくくるための活動をすることです。
そんな中、終活という言葉の浸透に比例し終活の種類が増えてきていて、脱毛もその1つにあげられます。
もともと脱毛は美容目的で行うユーザーが大半ですが、終活脱毛は理由のほとんどが介護対策です。

自分が介護される側になった時、排泄の介助は気になることの1つではないでしょうか。
介護する側の負担を減らし、できるだけ恥ずかしい思いをしたくないと考える中高年ユーザーの需要は、今後ますます高まっていくことが予想されます。

■脱毛ジャンルの「イチオシ!」プログラム

続いては脱毛ジャンルで代表的な3形態の特徴とともに、それぞれのおすすめプログラムをみていきましょう。

[1]エステサロン脱毛
その名のとおり、エステサロンで行われる脱毛です。
「光脱毛」という施術方法は、完了まで比較的時間がかかりますが、低価格で利用できるため若い人でも始めやすいというメリットがあります。
そんなエステサロン脱毛サービスのプログラムを、ちょっとだけご紹介します。


−ミュゼプラチナム−
最大の特徴は、「ミュゼスーパーエクスプレス」という超高速脱毛マシンを使うので一般的な施術よりもスピーディーなため、肌への負担が軽く時短が実現できるという点です。
そして全国に店舗があり、サロン移動が可能なので外出先から気軽に通えるだけでなく、引っ越した場合でも通い続けることができます。また、次回予約や予約変更は公式アプリから24時間いつでも対応可能なので、無理なく続けられそうです。
なお、18歳未満(高校生以下)のユーザーを対象とした「TEENS割」や、脱毛ビギナー限定の割引きなどおサイフに優しい特典があるのも嬉しいですよね。


−Dioneディオーネ−
低温処理による痛みの少ない施術を実現し、「痛くない脱毛 敏感肌専門脱毛」を掲げているサービス。
痛みや肌へのダメージを極力減らすことで、アトピーやニキビなど肌の悩みを持つ人でも通いやすいのが特徴です。
痛みや刺激が少ないので「3歳からのキッズ脱毛」サービスも展開しており、キッズ脱毛を考えているママユーザーからの注目が集まりそうです。
また、本来は効果を期待しづらい色素の薄いうぶ毛の脱毛にも対応可能なので、二の腕や背中などもしっかり脱毛できるのは嬉しいところです。


[2]医療脱毛
国家資格を持つ医療従事者(医師・看護師)にしか扱うことのできない、脱毛効果の高いレーザー脱毛器で施術をするため、短期間で効果を見込める脱毛方法です。 さっそく、おすすめプログラムをみてみましょう!


−リゼクリニック−
施術スタート前に医師の無料カウンセリングを行い、ユーザーの毛質・肌質に合わせた3種類の脱毛器を使い分けているので、高い効果が期待できるサービスです。
また施術スタッフは全員、医療脱毛経験者なので、「どこをどうしたら痛みが少ないか?」を熟知しており、痛みの軽減をとことん追求してくれているようです。これは嬉しいですよね(^^)
それでも痛みに耐えられない場合は、麻酔の対応をしてくれるのもクリニックならではと言えます。
そして、コースの有効期限が長いので、ユーザーのストレスにならないペースでライフスタイルに合わせて通える点もポイントです。


−アリシアクリニック−
シンプルでわかりやすいコース設定にすることで、「低価格・短期間・低刺激」をめざしたサービス展開が特徴的です。
あらゆる毛質に効果を発揮する最新の脱毛器を使っており、「30分/月 × 4回」という短期間で施術が完了するので、一刻も早くキレイになりたいユーザーにはおすすめです!
また、複数波長を照射する脱毛器なので打ちもれがなく、冷却しながら施術するため低刺激で痛みが少なく肌への負担も少なそうです。


[3]メンズ脱毛
最後は先述のとおり、みるみるシェアを拡大しているメンズ脱毛についてです。
とくに注目の2プログラムをさっそくみていきましょう!


−メンズリゼ−
「オトコはメンズリゼ」のCMでおなじみのメンズリゼクリニックは、ユーザーが安心して施術を受けられるように、カウンセリングは必ず医師が行います。

また、女性と違い男性は全ての毛をなくすのではなく、全体的に薄くしたい・一部分は残しておきたいという多種多様な要望があります。
しっかりと研修を受けた担当者が施術を行ってくれるので、デザイン力が求められるヒゲ脱毛などはとくに安心してまかせることができそうです。
なお、同系列の「リゼクリニック」同様、コースの有効期限が長いので残業や急な出張でしばらく通えなくなっても長期的に負担なく通い続けることができる点も嬉しいですよね。

−ダンディハウス−
日本初メンズエステのダンディハウスは、全サロンに「美容脱毛士」の有資格者が在籍しているので、精度の高い脱毛が期待できそうです。
そして認証基準を満たしたサロンだけが施術できる「美容ライト脱毛」で1本1本丁寧に処理するため、ユーザー毎の細かい仕上がりイメージを実現することが可能なんです!
また、美容ライト脱毛はどんな肌色・毛色にも効果があるため、色黒や白髪でも脱毛効果を得られるのは嬉しいポイントではないでしょうか。
まるで高級ホテルラウンジさながらのサロン空間でリラックスしてカウンセリングを受けられるので、ユーザー毎にピッタリなプランを提案してもらえそうです。

■脱毛ジャンルはこう攻めよう! おすすめ訴求方法

さて、脱毛ジャンルのトレンドやサービスを紹介してきましたが、最後は実際の訴求方法についてお伝えします。脱毛ジャンルのサービスは実に多種多様で、それぞれ特色あふれる内容となっています。

サービス毎に、価格・プラン・期間・メリットなどを整理して、一覧表で見せる訴求方法はユーザーが情報を理解しやすいのでおすすめです!また、自分自身で脱毛してみて体験レポートにするのもリアルな感想が出せて面白い内容が書けそうですよね。

照射時の肌の感覚や効果、サロンの雰囲気やスタッフの対応に至るまで、実際に施術を受けなければ知ることのできない情報はユーザーを引き付けるのではないでしょうか。
アクセストレードには自己アフィリエイトOKのプログラムもありますので、ぜひチェックしてみてください!

いかがでしたでしょうか。
脱毛ジャンルの変化のスピードはとても早く、ターゲットもどんどん広がりつつあります。

いまや年齢・性別を超えてあらゆる人たちに必要とされはじめています。
ぜひこの機会に掲載の準備を進めてみてくださいね!

株式会社インタースペース

『アクセストレードおすすめジャンル』お知らせ担当

アクセストレードでは、旬のおすすめジャンルを『特集』でご紹介しております。 特集でご紹介させていただくプログラムの、おすすめポイントやメリットなどをわかりやすくお伝えいたしますので、 みなさまどうぞよろしくお願いします!

同じ著者の記事

関連コンテンツ

ご注意ください

  • ・本ページの内容は、2020/02/18更新時点の情報です。更新日より期間が経過している場合など、状況により現在の情報とは異なる可能性があります。
  • ・一部、体験談などの執筆者の個人的な意見、株式会社インタースペース(アクセストレード)以外が提供するサービスの紹介が含まれる場合があります。情報の内容には十分に注意しておりますが、万が一、損害やトラブルが生じた場合は責任を負いかねますので、内容を御確認のうえ、ご自身の判断のもとでご利用ください。
  • ・掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
PAGE TOP